雑誌と縁が切れない訳|ガーデニング元年

料理の本。
この類の雑誌を何冊買った事か。
写真の美しさに魅かれて買っている事もあるけれど、料理の本は見るだけであたかも素敵な料理が目の前にあるような錯覚に陥る。
同じような本を持っているぞーと、自分に言い聞かせてブレーキをかける。
が、大抵ブレーキは壊れて、何冊も同じような本を並べるはめになる。
後悔した事はない。
見るだけで脳内は喜んでいるのだから。

ガーデニングの本。
これもブレーキがかからない。
最近は学名で表示をしているので、新種の花かと思うけれど、和名で紹介されるとよく知っている花であったりする。
今年は5~7月にかけて方々のお庭を見て歩いた。
オープンガーデンしているガーデナーさんのエネルギーにふれ今年は私にとっては改めて
「ガーデニング元年」になり、ますます本を積み上げてしまう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

書評・レビューの情報収集

ブログランキングで書評・レビュー関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る