ガーデン訪問|関西出身の思い切りの良さ? ‐ M邸 |北海道 2015年 旭川2

旭川、2軒目はM邸。

こちらは通い始めて3年目のお宅。初めて伺った時も、マウレ山荘から予約のお電話をした。
今回も同じパターンの予約だった。
M邸の薔薇のアーチが美しい時に伺えたのは、初めて。
去年は7月31日でしたよ。と、Mさん。

以前、訪問の記事はこちらから↓
和製ターシャ ‐ M邸|個人ガーデナーの魅力|北海道 2013 ‐ 旭川編
玄関から童話の世界 ‐ M邸|夏の終わりの赤とんぼ|北海道 2014 ‐ 旭川編4

昨年は愛犬のナナちゃんが、しんどそうにしていたので、今年はオープンガーデンの本には載せてなかったのだとか。「それで今年はどなたも訪ねて来なくてねー」と少し残念そうにおっしゃった。
お庭は何時もの通りに手入れされて美しい。

DSC_6566.JPG
DSC_6567.JPG
毎年、同じ所に同じ花が咲く幸せ。
Mさんは、私と同じ年、関西から14年前に旭川に移住された。
初めてそのお話を伺った時はチョット信じられなかった。一時期、北海道生活もいいけれど、移住されるのには勇気がいるだろう。
同じ年と、関西出身と思いっきりのいい性格が似ているので、1年に一度お庭とお顔を見に行く。
スキーがお好きで北海道に通っていたから、退職後北海道に住む事に何の不思議もなかったそうだ。

DSC_6569.JPG
今年は、お伺いすると「2Fに上がって全部の部屋を見て行って下さい」と、おっしゃって、
オープンハウスまでして下さった。
お茶を頂きながら、Mさんが突然「関西に帰ろうかと思うの」と、おっしゃった。
「エエッ~~~!!」
「このお庭はどうなさるの」
「このまま置いて行きます。次の人がオープンガーデンされるといいわね」
旭川市内から少し外れているため、車が無いと動けないので、今後はどうするのかと心配し始めた矢先だったらしい。

来る時も、帰る時もサッと決められる人だ。
「じゃあ、今年が最後になるかもね」「来年は、私が貴女の庭に行くわ」
あ~~そういう事になりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

旅行関連の情報収集

ブログランキングで旅行関連のブログをご覧いただけます!

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る