老松 ‐ 夏柑糖|京の夏菓子|京都の美味しいもの|京都,北区

本日は友引。
京都の親戚で慶事があり、お祝いに出かけた。
必ず午前中にと念を押されたので…は言い訳になるが、
どうも風呂敷が上手く包めていないのが気がかり。
風呂敷や袱紗より中身を忘れたら大変。気の張る仕事でした。


そして次に向かったのは北区紫野上七軒にある「老松」さん。
ここの夏柑糖は絶品で、これぞゼリー菓子と言い切れる。
夏のゼリー菓子の種類は多いけれど、老松に勝るものには出会っていない。
萩(山口県)の夏みかんの子袋を取り出して子袋についている苦味の強いシロジョウを取り除き、
果汁に寒天を加えてみかんに戻して作る。
簡単に作り方を説明するとそういうことになるが「それなら誰にでも出来そう」そうはならないところが老舗の味になる。

久しぶりに夏柑糖を食べると、これを教えてくれたお向かいのIさんを思い出す。
大事そうに抱えてもって来てくれた。
あの方も今はいない。盆が近づくと思い出すIさんとほろ苦い夏の味。

※訂正
老松さんの夏柑糖の説明書きを読むと、これはゼリーではありません。
寒天ですと書いています。
はあ~失礼しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.9.19

skogBlogの記事が「きらッコノート」さんで紹介されました♪

skogのあるページの記事が、 介護をもっと好きになる情報サイト「きらッコノート」さんに…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

グルメ・料理の情報収集

ブログランキングでグルメ・料理関連のブログをご覧いただけます。
ページ上部へ戻る