京の紅葉

明日から気温が10℃下がると言うのが嘘のように今日は暖かだった。

思い立って、午後から京都の紅葉を見に行った。

我が家から一番近い、岡崎の南禅寺永観堂にと気楽に出かけたけれど、想像を絶する人出に驚いた。

今年は、北海道や信州の紅葉を見たけれど、京都の紅葉はそのどことも違った。

紅葉や楓の色が重なるのは、京都ならばこそ。

そういえば、京都の紅葉狩りは初めで、観光客になって岡崎界隈を歩きまわった。

 

大津から京都へ出かけるには三井寺の下を通るこのトンネルを抜ける。

トンネルを抜けると、そこは京都の山科になる。

DSC_3646.JPG

 

南禅寺  石川五右衛門が「絶景かな」と言ったと言われる三門

 

DSC_3677.JPG

 

DSC_3675.JPG

 

DSC_3667.JPG

 

琵琶湖から京都の船輸送に使ったインクライン

 

DSC_3669.JPG

 

南禅寺を抜けて永観堂へは5分ほどで到着。

ここは、南禅寺以上の人混みと見事な紅葉があった。

 

DSC_3712.JPG

 

少し傾き始めた太陽の日差しが当たると、紅葉は赤みを増す。

ワーッと歓声が上がる。

 

DSC_3708.JPG

 

DSC_3699.JPG

 

この写真の奥には大勢のギャラリーの姿がある。

ここに入るにはひとり1000円の拝観料が必要となる。

けれども、こちら側より込んでいて歩くのもままならない様子。

まあ、いいかと引き返せるのは近くに住む特権。

何時でも来れるさ。

でも来ないだろう。

 

帰りは三千院を回って帰るとして、朽木の紅葉を見ようと向かった。

もう4時近くだから日暮れと追いかけっこ。

朽木は全山紅葉の山があるはず。

集中豪雨で道が崩れてから、暫く行ってない。

 

DSC_3720.JPG

 

所々に紅葉はあったけれど、山はすっかり裸木になっていた。

この場所は、お気に入りの場所で度々来ている。

ところがここにあった東屋やトイレは無くなり、ガードレールが出来ていた。

なぜだろう。

 

今朝は朝から津波警報で驚いたけれど、大きな被害には成らなかったようで良かった。

地震は本当に怖い。5年もたって未だ余震と言われると九州も気になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.9.20

小西 潮 & 吉村 桂子 展‐森羅万象‐|2018.9.21~30|画廊 凜|岐阜

久しぶりに吉村 桂子さんから展覧会のお知らせを頂いた。 DMの写真は、また新しい作品にな…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

旅行関連の情報収集

ブログランキングで旅行関連のブログをご覧いただけます!

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る