振り出しの庭

先日来、家の前の道路がガス管、水道管の取替えという事で掘り返されていた。
造成されて30数年が経過した団地は管が古くなり赤水が出るところもあったので、これは仕方のないことだ。
毎日掘って埋めて又掘って。

いよいよ最終工事にはいりますと、もういい加減にして欲しいと思った金曜日に連絡があった。
ガレージが道路に面しているので、工事が始まると車が出せなくなる。
かなり気を使ってくれて車の出庫の確認に来てくれた。
昼前に出かけようと、外に出るとあろうことか家の小さな花壇の中に大きな穴が開いていた。
水道メーターが花壇の中になっていたのだ。
穴をあけられたことは仕方がないけれど、花壇に穴を開けると言ってもらえたら前日に草花の苗を掘りあげることが出来たはず。
バラの足元に2m近い穴を開けられて冷静でいられるはずもない。
「監督さーん」
仕事をする人にとって、水道管の取替えはこういうことだと分かっていても、私は想像だに出来なかった。
写真は道路の工事だけれど、これに等しいものが花壇の中に開けられた。
若い監督は私が何を怒っているのかさえ理解できなかったようだ。
家人がトレリスを造りかけていたので、それが出来てから寒肥を入れて宿根草をもう少し入れようとして未だ出来ていなかったことは幸いだった。
宿根草は上部は消えるけれど、地下では成長を続けている物なのだ。
何年も草花を入れ替え肥料を入れて春には満開の花壇にするのを楽しみにしていた私は身体が震えるほどのショックだった。
今朝になって、説明が足りなかったと監督が謝りに来た。
ガレージ前を塞ぐ事に細心の注意を払っても、花壇の中を掘ることになんの躊躇もなかったのか。
今更愚痴を言っても仕方がないと分かっているのでこの辺で諦めるしかない。
又、新しい花壇が造れると思えばいいじゃないかと家族が寄ってたかって慰めてくれる。
そう、新しい花壇を考えましょう。
P1120750.JPG
ガラスに映る京都タワーと雪が積もる比叡山

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • yumiko
    • 2012年 1月 25日

    ショックでしたね!
    私なら…
    許さなければならないことだけど許せないかもしれません
    春を夢見て頑張る作業!庭は宝だから~
    新しく気持ちを切り替え頑張ってください
    きっと素敵なコーナーに作れます!

    • skog
    • 2012年 1月 25日

    yumikoさん
    コメントをありがとうございます。
    お庭好きの方には分かって頂けますよねえ。
    切り替えは割りと早いから、既に立ち直りつつあります。
    ただ、巨大寒波で数日は庭に出られません。
    大きくイメージチェンジするいい機会だったと思えば、それはそれです。
    ただ、荻原植物園の苗だったんだーとケチな気持ちは未だ消えません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.9.20

小西 潮 & 吉村 桂子 展‐森羅万象‐|2018.9.21~30|画廊 凜|岐阜

久しぶりに吉村 桂子さんから展覧会のお知らせを頂いた。 DMの写真は、また新しい作品にな…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る