沙羅双樹の花の色

写真も幹しか写した事がない。
可哀そうな花

梅雨末期のような大雨が降り続いている。
どこもここもがシトシトジメジメ。
こう降られると流石に滅入る。
雨が小降りになると庭に出て花に溜まった雫を払う。
不意に後ろでドタッと大きな音がした。
夏椿の花が落ちている。
拾い上げると又ドタッと音がする。
どこも傷んでない真っ白な花が落ちる。
枝の高い所で咲いているので二階からしか花は見ていない。
ドタッと落ちた花を片付けながら、夏椿も無念だろうと思った。
夏椿が咲いて、真っ白のまま散ると、毎年平家物語の冒頭を思い出す。
祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.10.17

Tsudohi ぼうしやさんのお茶の会|2018.11.10~12|Gallery Takuto|滋賀

森っぽメンバーの帽子作家庵原久美子さんと、庵原さんのお友達で草木染作家の西村祐里依さんの展…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る