あきない世傳 金と銀 源流篇 ‐ 高田 郁

書店の横を通りかかると、高田 郁著の新刊「あきない世傳」が山積みされていた。
頭の中に電流が走るほど嬉しい。
図書館でお借りしようとは思いもつかず、即買いとなった。

高田さんの新刊を手に取るのは1年ぶりくらいだろうか。
女性を中心に据えて、その一生に伴奏するように綴られれいるのが高田郁の本である。
分かっちゃいるけど、この本をかかえてベッドに入るのはワクワクする。
1巻を読み終えただけだけれど。どうやら長編になる予感がする。
大阪の商い言葉がとても参考になる。
語源の発見をして驚く事もある。
読み飽きさせない高田郁の本を是非にとお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

書評・レビューの情報収集

ブログランキングで書評・レビュー関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る