紡ぐ・織る・編む・縫う 仕事展Vol.2 ‐ 森っぽ|2019.11.30~12.4|ギャラリー象鯨|京都

skogの12月の企画展は10年間「しまいの月の贈りもの」展でした。
毎年ご出展下さった作家さん達がskogの閉廊後、skog(スエーデン語で森の意味)から派生したグループの意味で「森っぽ」を立ち上げました。
「森っぽ」第2回目の展覧会は、京都の「ギャラリー象鯨」で開催します。
「何時かは京都で展覧会」を楽しみに研鑽を重ねて初回から2年目の展覧会です。
今回はどんな作品が並ぶのか私も楽しみにしています。




「skogの12月の展覧会が一番好きでした」と今でもそんなお声を頂きます。
作品の魅力と作家さんがつくる独特の雰囲気が「しまいの月の贈りもの」展には確かにありました。
思い出すと、ベランダに家人が丹精した干し柿が吊るされて、ドアを開けると薪ストーブの匂いと娘が早朝から焼くパンの匂いが12月の匂いでした。
閉廊から未だ3年目ですが、もう遠い事のように懐かしいです。

ギャラリー象鯨は美味しいランチの飲食店や文化博物館も近く、そぞろ歩くと京都の魅力を感じる道筋にあります。
是非お出かけ頂きまして、京都の展覧会とそぞろ歩きをお楽しみください。

展覧会名 紡ぐ・織る・編む・縫う 仕事展Vol.2
出展者 森っぽ

  • 織り:羊のメリーさん(松山きょうこ)
  • ニット:atelier mary(高橋とみえ)/あみもの☆まじょ(田中文子)/Fニット(仁谷文代)
  • フェルト:羊のあっちゃん(本間明子)
  • 服:お針子(津々木洋江)
  • 帽子:帽子工房布布(庵原久美子)
開催期間・時間 2019年11月30日(土)~12月4日(水)
11:00~18:00(最終日は16:00まで)
場 所 ギャラリー象鯨
住 所 〒604-8102
京都市中京区姉小路通柳馬場東入菊屋町573−1 大央ビル 1F
駐車場・
各交通機関
【電車の場合】
■地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池駅」より徒歩5分
■地下鉄東西線「市役所前駅」より徒歩5分
※駐車場はありません。(近隣のコインパーキングをご利用ください)
京都市中京区姉小路通柳馬場東入菊屋町573−1 大央ビル 1F
Googleのロゴ(スマホは地図上)をクリックすると大きな地図で表示します。
※お店舗及び、ギャラリー・美術館などの情報は記事作成時点のものです。最新の情報は公式ホームページにてご確認ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2019.10.30

紡ぐ・織る・編む・縫う 仕事展Vol.2 ‐ 森っぽ|2019.11.30~12.4|ギャラリー象鯨|京都

skogの12月の企画展は10年間「しまいの月の贈りもの」展でした。 毎年ご出展下さった…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る