かんじる比良企画ー「衣・飾・食」展ー2日目

今日、明日は、「かんじる比良」の本イベントが比良地域を中心に開催されています。
それに伴いskogの周りも「かんじる比良」の目印、オレンジ色ののぼりが上がっています。
お陰さまで、今日は道案内のお電話なしでした。
今日の朝一番のお客様は思いがけない方でした。
skogのDMをお持ちになった男性
言いにくそうに切り出された話は「実は、このDMを受け取るはずの家内は4年前に亡くなりました」と言うことでした。
知らなかったこととは言え、4年間、DMをお送りしていました。
「私がここにお邪魔するのは初めてなのですが、今日ここに来てみて、ここには家内の世界があることが分かりました」とおっしゃるのです。
お亡くなりになった奥様宛の郵便物は今では、skogからのDMだけなのだそうです。
「申し訳ございませんでした」と謝る私に「いいえ、これからも頂けませんか、家内の好きなものが詰まったgalleryからのDMを私は待っているのです。」とおっしゃるのです。
柔和な眼差しの男性はとても優しいご主人さまだったようです。
朝から目がウルウルしてしまいました。
DSC_0130.JPG
そして、かんじる比良の幕開け
ん??今日からでチたよねー。かんじる比良。
おかあちゃんは、きなこに右手を上げて「まねき猫」の真似をしてーっていうの。
だって、もうすぐお昼なのにskogはシィーンとチてるんだよ。
でも、お昼を過ぎると5時まで切れることなくお客様がお見えになって、アタチはワンワンうろうろ、大変でちた。

20140508_707824

かんじる比良企画ー「衣・飾・食」展

2014.5/16(Fri)-5/20(Tue)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.9.19

THE STUDIO EXHIBITION XIV|2018.9.21~24|京都市勧業館みやこめっせ|京都

フェルト作家西村 明子先生の教室展のお知らせを頂きました。 西村教室の作品展は大胆にデザ…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

手芸・ハンドクラフトの情報収集

ブログランキングで手芸・ハンドクラフト 関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る