手付きセラミック付き焼き網 ‐ 金網つじ| 正月二日目

これをガス火にかけて食パンを焼くのが好きだった。
上の写真はAmazonから拝借しました。美味しそうに見えますね。いえ、美味しいのです。

雑煮の餅を焼くのは手間のかかる仕事だった。
京都高台寺の「金網つじ」さんの焼き網を10年ほど前に手に入れた。
けれど、かかりっきりにならなければ程よく餅は焼けてくれない。
今年はアルミにシリコンをコーティングしている紙を敷いて、トースターで焼いてみた。
ほっておいても餅は焦げるでもなく、こんがり焼けた。
外側が幾分硬いようには思うけれど、雑煮に入れる分には十分。
焼餅を作る時はセラミックに軍パイが上がるかもしれないけれど、慌ただし朝の雑煮にはトースターが助かる。

と、言いつつも特別な日には、ぜひ使いたい道具一つです。

 
昨日までは、二人の姉の食事の世話に終われたので、今日からが私のお正月。
とりだめしたDVDを見始めたら、10分で眠りに着いてしまった。
それはそれでいい。
次姉は麻雀の友達を呼んで張りきっている。
長姉は今日から子供たちが来ているらしい。
正月二日目が平和に暮れてゆく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.9.19

skogBlogの記事が「きらッコノート」さんで紹介されました♪

skogのあるページの記事が、 介護をもっと好きになる情報サイト「きらッコノート」さんに…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る