しまいの月の贈り物-搬入日

昨日は猫の目のように変わる天気に振り回された。
雨が降ると比良は虹が出る。
カメラを取りに行く数分で虹は薄くなった。


酒井さんの陶の家

11月に続き、今月は一段とバージョンアップしました。
今だけ贅沢できるので、色々な家を組み合わせて家並みを作りたいと思ったのだけれど、これってとても難しい。
ヨーロッパの家並みって放射線状だよね、広場と教会があったよね。
記憶の中だけでは難しい。


高橋さんと田中さんのニット

カラーセンスの田中さんと、編込みの美しさを効かせた高橋さん、全く違う作品に仕上ってきました。

そして、津々木さんのダッフルコート。
大人に似合うダッフルコート。
1着だけです。

今年もskogは、方々のクラフト展や作家さんを訪問した。

その時の記念に作品を数点購入しいる。
それらはみんな私の心に残るものばかり。
しまいの月ではそれらをお披露目しようと思う。

DSC_8007.JPG
江波 冨士子さん  ガラスの蓋物

DSC_8009.JPG
小西 潮さん レース皿

nomama さんのカラフルなウールのショール、
椿 文香さんが草木染めをした麻や木綿、絹糸で手織りしたショール
名取 直子さんの刺し子のがま口
TETOTEさんの布張りされた缶

外の気温が下がり、夜は冷え込むようになりました。
比良山系の山にも薄く雪が積もる日もあります。
薪ストーブの暖かさが心地よくなりました。

skogでは娘が毎朝パンを焼いていますので、ドアを開けるとパンの匂いがします。
ギャラリーとパン、意外に合うものです。

おまけ

DSC_7991.JPG
谷口和夫

20131130_518226

しまいの月の贈り物

2013.12/13(Fri)-12/17(Tue)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.9.25

森っぽ展|2018.10.11~20|Kobe・Gallery住吉倶楽部|兵庫

「森っぽ」1年ぶり2回目の展覧会です。 昨年10月に初回を琵琶湖畔のGallery Ta…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

手芸・ハンドクラフトの情報収集

ブログランキングで手芸・ハンドクラフト 関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る