しまいの月の贈り物―5日目

しまいの月の贈り物展、終了日。
1年のしまいの企画には、本当に沢山の方においで頂きました。
ありがとうございました。
夕方気がつくと玄関周りもひっそり

企画展の裏方をしっかり支えてくれる、伊関さんのランチも今回で5回目
「お客様は、美味しいものにはすぐに慣れるから、マンネリ化したランチでは続かない」と恐れ多くも私は伊関さんに申したそうな。
言った私は忘れていたのに、伊関さんは毎年前年を上回るメニューに頭を悩ませて、絵のようなひと皿を創ってくれるのです。
お陰さまで今年もお客様から、おいしかったよーと、沢山のお褒めの言葉を頂きました。
お客様、伊関さんありがとうございました。
搬出が終わり、サンタさんだけが残りました。

未だ、大勢のお客様の声がskogの中に残っています。
皆様がお帰りになって、夫婦二人でほっこりとお茶をしました。
skogは来年2月いっぱいまで少し長いお休みを頂きます。
が、在宅時、ドアは開いておりますので薪ストーブの前の談話室にお出かけ下さいませ。
作家さんのプレゼンもウエルカムです。
事前にお電話を頂けると嬉しいです。
ゆっくりと過ごせる季節ですので是非どうぞ、お待ちしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.10.26

2018 絲・彩・祭 季を紡ぎ草木で彩る|2018.11.15~23|絲紫野工房|滋賀

絲紫野工房主宰の飯森先生から工房展のお知らせを頂いた。 3年振りの作品展なので、どこで開…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

手芸・ハンドクラフトの情報収集

ブログランキングで手芸・ハンドクラフト 関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る