しまいの月の贈り物―2日目

冬らしくない暖かな雨の2日目。
普段なら、こんな日はどなたもお見えにならないのではと不安に掻き立てられるものです。
skogの企画展は土曜日の午前中は暇と決まっているのです。
初めての方、親しいお客様、今日は大勢お越し頂き店主はお昼をすっかり忘れてしまいました。
2Fから漂う、ソースの香りに大抵何度かは生唾ごくりと見に上がるのですが、今日はその間もなく気がつけば夕方になっていました。
カロリーセーブになったと喜んだのは束の間で、家人がストーブで殻つきの牡蠣をや生イカ焼いてくれて一瞬にして堤防が切れたみたいに頂きました。
おいしんぼのお客様の多いskogですから美味しいどころの話題は尽きず、企画展の間に美味情報が追加されて行きます。
そこを回るのも企画展後の楽しみです。
skogのランチはしまいの月の時だけの限定ですが、今日もおいしいーとお客様に喜ばれています。
伊関真奈美さんの身近な食材で創る、お洒落で美味しいskogランチ。
月曜日、火曜日に2名様づつの余裕がございます。
師走のひと時を年に1度だけのskogランチをお楽しみ下さいませ。
201012

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.9.25

森っぽ展|2018.10.11~20|Kobe・Gallery住吉倶楽部|兵庫

「森っぽ」1年ぶり2回目の展覧会です。 昨年10月に初回を琵琶湖畔のGallery Ta…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

手芸・ハンドクラフトの情報収集

ブログランキングで手芸・ハンドクラフト 関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る