師走の京都に手帳を求めて|TOBICHI京都

去年まで使っていた高橋手帳より使い易い手帳があると知ったのは今年になってからの事。
勿体ないから1年間使って来たけれど「ほぼ日手帳」が気になって仕方がなかった。
今年の6月に京都河原町の寿ビルディングの中に「TOBICHI京都」と言う店舗がオープンした。
糸井重里さんが主催するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)」が運営している。


発売と同時に売り切れたり、整理券を発行して入場すると言う噂を聞くと、なかなか足が向かなかったのだけれど、いよいよ2週間でお正月が来るとなると、新年を迎える私の行事としてはお節より大事な手帳なのだから意を決して出かけた。


手帳には好みでカバーをかける事も出来る。
透明なフィルムに描かれたロンドンのイラストが可愛かった。
手帳のカラーでイラストの感じも変わるので、時間をかけだしたら何時間でも必要になるほど多種類に揃っている。
新しい、手帳が愉しい予定でいっぱいになりますように。

店 名 TOBICHI京都
住 所 〒600-8018
京都府京都市下京区河原町通り四条下ル市之町251-2
寿ビルデイング3階
電 話・FAX TEL:080-8457-1101
営業時間 12:00-19:00(催しによって変更の可能性があります)
定休日 不定休
※ご来場前にカレンダーをご確認ください。
アクセス ■ 電車の場合:
阪急電鉄「河原町駅」
・京阪電鉄「祇園四条駅」
・京都市営バス「河原町松原」
■最寄りのバス停:「河原町松原」
「河原町松原」のバス停からは、乗って来たバスの進行方向(北)に歩いて、「河原町仏光寺」の交差点で
向かいの歩道に渡って、さらに北に50mほどで到着します。
京都府京都市下京区河原町通り四条下ル市之町251-2
Googleのロゴ(スマホは地図上)をクリックすると大きな地図で表示します。
※お店及び、ギャラリー・美術館などの情報は記事作成時点のものです。最新の情報は公式ホームページにてご確認ください

近くの高島屋に寄り道すると、色が溢れた店内は、お正月気分を盛り上げる。


きなこに似てるなぁーと思う。
家に帰れば本物が居るから要らないけれど。
トップの写真は木で作られた鏡餅セット。

フェイクの松や柳で見事なお飾りもあった。



1時間ほど、店内をウロウロすると漸くお正月が近い気分になれた。

我が家は12月16日から1月1日までの2週間は私のお誕生日週間という事になっている。
地階で見つけたタルトタタンは今日の誕生日ケーキとしてお持ち帰りした。

明日からお正月の準備を始めよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.1.15

漆・立体「女神の痕跡」 ‐ 田中 智子|2018.1.20~26|ギャラリー佑英 ‐ 大阪

田中 智子さんから個展のお知らせを頂いた。 智子さんはskogを設計して頂いた(株)at…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

旅行関連の情報収集

ブログランキングで旅行関連のブログをご覧いただけます!

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る