La Lucciola ‐ イタリアン|世界のトイレ|バリ島,スミニャック

旅行に出て一番その国の様子が分かるのはトイレではないだろうか。
国内でも素敵なレストランのトイレは素敵なはず・・。
アメリカの東海岸には行ったことがないのでそこをはずすと、日本ほどトイレの発達した国は何処にもなかった。
特に関空に帰り着くと清潔なトイレに、帰国した事を実感する。
押しなべてヨーロッパはトイレはチップを要求するけれどそこそこの掃除はしている。
一番近い旅行先のインドネシアは最近チップを要求するところが出来たが、掃除は全くしていない。
小さな風呂桶が作り付けになっていて、その水をくみ出してウォシュレットの代わりをする。
それで床は水浸しでベトベト。
ペーパーの用意はないのが普通。
ゆえにペーパーを流す事は考えてもいない様子。
空港は水洗になっていたように思うけれど、この国ではトイレに行く時は戦々恐々である。
そんな中、安心していけるトイレをバリ島スミニャックのイタリアンレストランに見つけてある。
そこは「La LuccioLa(引用:トリップ アドバイザー)」というレストラン。

こちらから「La LuccioLa」へ日本語で予約できます。日本最大の海外レストラン予約サイト

ここはインド洋に面してロケーションも料理も楽しめる。
そして何よりトイレが綺麗。



此処に来るとテンションが上がり食べきれないほどのデザートまでオーダーしてしまう。

そして、おもむろにトイレへ
個室から出てくると店員さんが洟をかんでいた。
それを見てもトイレの美しさに気を取られている私は、何等違和感はなかった。
違和感を持ったのは店員さんの方
「マダム、失礼しました」ときちんと謝られ、その次に思いがけない言葉を聞いた。
「ですが、マダム此処は紳士用なのです」
アッと我に返って飛び出したことは言うまでもない。
外から見える美しい花たちに見とれて確認を忘れました。
それほど素敵なトイレもあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2015.4.4

野蛮な読書 ‐ 平松 洋子|思わず読みたくなる紹介方法|悦ちゃん ‐ 獅子文六

雑貨ギャラリーには面白い本があると以前に書いた。 傾向的には生活や暮らしの随筆本が多い。…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

ページ上部へ戻る