我が家の裏庭 ‐ フェイクじゃない古時計

我が家は小さな裏庭があって、屋根があるので雨降りの日には便利なスペースである。
そういえば、この時計は加須市の「玄蕃ファーム」で見つけてお持ち帰した時に、
家人が完全にフェイクと思っていたらしい。
両面が開くようになっているので、「そんなはずはない」と言っても聞く耳なしだった。
ある日、気になって開いたようで電池が入ることを発見した。
「もしかして動くかも」と電池を入れると立派に時を報せてくれる。
庭に置くのは勿体なくて、玄関に取り込みたいと思っているくらい気に入っている。
駅のホームに掛かっていたような気がするのだが。


ブドウの木は何度か植えたけれど、我が家ではうまく育たなかった。
それでも懲りず、今3本を育てている。
このツルを絡ませるために漆喰の小さな壁まで作っているのは家人のこだわり。

今年買った分は、今のところ順調に育っている。
桃栗3年柿8年。
で、ブドウは何年?

お知らせ
Garden&Garden Autumn 2017 秋号 vol.62の表紙は「北の小さな庭物語」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2017.7.22

吉村 桂子 個展「夏陰 ‐ GLASS EXHIBITION」に行って来ました|京都

京都は、本当に暑い日が続いている。 ガラスの器が一番活躍する季節ではあるけれど「制作現場…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る