八起庵 ‐ 高島屋|定休日の出来事|京都,四条

定休日が世間様の休日と異なるようになった事に未だ慣れない。
今日が定休日で明日が木曜日となると、ん?で すぐに週末ですかあ~とそわそわ。
いえいえ、私の週末は1週間先です。
長い年月に体が週末を感知してしまうようだ。
体は週末に向かい、頭は定休日明けにモードに向かせようとしている。
ねじれ現象である。

京都四条通りの高島屋が改装を終えて、7階のレストラン街が充実しているらしい。
姉母(私は姉の養女)を誘って出かけた。
心配した駐車場はあっけなく入れた。デパートの中はガラガラである。
さすがに7階は混んでいたが、外まで並んでいるところはそんなにはなかった。
昨年の今頃は株価が上昇し、なんとなく景気が良くなりそうな感じがあった。
今年は安定して景気回復を享受出来る予定が、そうはいかないようで財布の紐はかなり硬い。
7階レストラン街が鳴り物入りでオープンしたのは9月15日だったから未だ10日ほどしか経っていない。
それにしては寂しい。

八起庵に入った。
メニューは鴨南蛮と親子丼のみ。
価格1575円
口の中でふわーっと解ける卵が心地よい。
うん~これが有名な親子丼かあ~。
美味しかった。
お支払いを済ませて外に出ると魔法が解けたように現実が戻った。
親子丼に1500円は高いんじゃないかあ?
周りがあまりに高いのですごーくお安く感じたまでだわ。
ここの待ち行列が一番長かった。
みんな安いと思って並んだのかここの丼を食してみたかったのか定かではない。
美味しいものは例え丼といえども高価です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.23

夏の装い展 – 宮田 幹|2018.6.8~12|ながらの座・座|滋賀

宮田 幹さんは、skogの初期に大変お世話になった作家さんです。 私がskogを閉廊する…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

グルメ・料理の情報収集

ブログランキングでグルメ・料理関連のブログをご覧いただけます。
ページ上部へ戻る