隙間の時間にと思いきや ‐ 姉母の悲痛な電話

数あるサルビアの中でも特に好きなのが、サルビアネモローサカラドンナ
毎年植えているけれど、増えているのだろうか。
今年は珍しく宿根草の根性を見せてくれた。
多分、切り戻しの時期が良かったのだろう。

DSC_0066.JPG
アリウムシクラム
日向の土地に植えっぱなしですくすく育つ
ユリ科ネギ(アリウム)属

すくすく育つと言われても、植えっぱなしの去年の分は小さく心細い花になった。
道行く人が花の名前を聞きたいと言われると大抵この花だ。
まだ珍しいのかもしれない。
地味な色でも珍しい咲き方が注目を集めている。

DSC_0040.JPG
Takuto作 ミモザのリース

5月はいつになくカレンダーの埋まる日が多かった。

一昨日展覧会のお手伝いが終わって、これから2週間は庭やカメラに集中しようと思った矢先「転んで起きられないのー」と姉母が悲痛な声で電話をかけてきた。大変なことが起きていると分かった。
案の定、高齢者にお決まりの大腿骨骨折だった。

早朝に救急車を要請した。
救急は3人の若者で、優しい、優しい言葉と処置に安堵した。
大津日赤に入院したけれど、ここも優しい言葉が溢れていた。
「〇田さん、92才なのに皴のない綺麗なお肌ですねー。」
「あらっ、そんな―」
ストレッチャーで病室に運ばれるエレベータの中の会話である。
緊張がほぐれた。
大病院の雰囲気も、この頃は変わってきてるように感じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.23

夏の装い展 – 宮田 幹|2018.6.8~12|ながらの座・座|滋賀

宮田 幹さんは、skogの初期に大変お世話になった作家さんです。 私がskogを閉廊する…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る