近江町市場の年の暮れ

自宅から2時間半で金沢近江町
道路は空いているし行く手の空は明るく、仲間は気心の知れた6人衆、楽しくないはずはなかろう。
今年の近江町市場は錦市場の印象同様空いている。
いつもはすれ違う事も困難な市場内がスイスイと移動できるのは有難いけれど、正月ムードを感じに行く身には物足りなくもある。

いつものお寿司屋さん、当然待ち時間の覚悟をしている。
7組目、22人待ち。
それ来た!!待ちます、待ちます。
早速家人を留守番にして市場調査に乗り出した。
ああ~~それなのに、思いがけず早い呼び出し。
嬉しいような、寂しいような。
実はここのお寿司屋さん、お店を広げてから少し味が落ちたみたいで、そろそろ他所を探そうかと思案中だった。
新規開拓が面倒くさく今日も、この店のカウンターに座る事になったのだが。
ん??今日は美味しい。
シャリは小さく、生サバは銀色に光り、口の中で溶けていった。
ほっ。
前回は私の体調が悪かったのかもしれない。
北陸自動車道は覆面パトカーが度々出没し、以前家人はそれに捕まった。
その時、大好物のトロを禁口して反省していたのだけれど、半年もたたないうちに、カウンターに座るなり「トロ」というようになった。
職人さんが「何から?」と聞いてくれる前に家人は「とろ」私は「赤貝」がスタートになる。
多分20貫はお腹に治まった。
20091230_3506883
見事な酢ダコ
この大きさはは近江町以外で見た事はない。少しグロテスクで買った事はない。
加賀レンコンは今が一番おいしい。
真っ黒な泥付きでレンコンの穴は小さく、ずしりと重い。おろしがねでおろすとねっとりしている。
その他は氷見の寒ブリ、甲箱かに、能登牡蠣
錦市場とは全く違う食材が近江町市場にはある。
それで、どうしても2箇所の市場を回らないとお正月を実感しないのだ。
困った性格だけれど、年々お連れが増えてくる。
家の車は7名までですからねーー。
ただし7人乗ると荷物はすべて宅急便となる。
それでもいいか、来年もツアーしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.9.19

THE STUDIO EXHIBITION XIV|2018.9.21~24|京都市勧業館みやこめっせ|京都

フェルト作家西村 明子先生の教室展のお知らせを頂きました。 西村教室の作品展は大胆にデザ…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

旅行関連の情報収集

ブログランキングで旅行関連のブログをご覧いただけます!

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る