春の訪れ

目が覚めると、部屋の中にいつものような冷たさがない。
布団から手を出して、久しぶりに柔らかい気温を感じた。
外に出ると背中がポカポカする。
気になる宿根草を見回るとあちらこちらから小さな芽が覗いていた。
見る人のいない裏庭に「クリスマスローズ」が首を伸ばして咲いていた。
ここで咲くのは可哀想と思うのだけれど、場所がないので我慢をしてもらっている。
でも春一番に咲いたのだから、少し切ってテーブルに飾った。

そして待ちに待った「ハーデンベルギア」の芽吹き。
DSC_1619.JPG
数年前、宝塚のオープンガーデンで見かけて以来この花を育てたくて何度か挑戦した。
比良の庭では寒すぎて育たないようだったので坂本の庭に植えると、見事に伸びてきた。
雪が降るたびに「もうダメかなー」と何度も諦めかけていただけに、特別嬉しい。
DSC_1620.JPG
ここが藤色の花で埋まるのはもうすぐかも。
3月から4月中が花の時期だ。
DSC_1613.JPG
うらうらとした日差しが気持ち良いらしく、きなこは終日この場所が指定席だった。
DSC_1628.JPG
それが何か?
いえ、何にも・・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る