普通が一番

20日に姉母が緊急搬送されてから10日が経過した。
「介護しかないの」と言われるほど、介護以外の事をしていない。
勿論写真を写す時間もなくなった。
20日直後は慌ただしくて、今思えば足が宙に浮いていたようにも思える。
姉母の最終章をどうしたものかと日々思い悩んでいたけれど、コレと言える結論が出るわけでなく頭の中が一人相撲でぐるぐる回り、私は疲れた。
施設が提案する「看取り」の言葉にとらわれていた。

姉母は安定期にあり、立位もしっかりしている。
実は母も急性腎不全と言われた時期があったけれど、回復して2年間過ごしている。
心不全は増悪期と安定期を繰り返しながら終末に向かうらしい。
だから、いまから介護漬けになったら身が持たない。早く日常に戻すべしと月曜日から軌道を平常時に修正した。

以前にもカーブスに行っていると書いたことがある。
私は運動が嫌いなのでイヤイヤ通って6年目になる。
ささやかな日常に戻すには習慣づけていた暮らしに戻る事。
思い切ってカーブスに行った。
普通の生活に戻ったようでホッとする。
月火と続けて行くともっとホッとした。
スーパーの買い物も書店の立ち読みも日常生活に戻る訓練のようなものだ。

普通の生活が一番いい。

トップ写真は入居者の誕生日会でウクレレでHappy Birthdayを唄う理事長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • 園田幸子
    • 2018年 8月 30日

    いつも読ませてもらってます 朝夕ほんの少しだけ秋の気配を感じます 満月がきれいでした お母さまの介護のこと 他人事とは思いません どうか お疲れがでませんように

    • skog
    • 2018年 9月 04日

    園田さん、お久しぶりでした。コメントをありがとうございます。
    いつも読んで頂いてありがとうございます。
    介護はそれなりに大変ですが慣れると以前より力を抜けるようになりました。
    ご主人様お元気ですか。何かにつけて思い出しています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.10.30

フェルトの冬じたく|2018.11.16~21|月の山 カフェ&ギャラリー|滋賀

和邇のgallery「月の山」さんから展覧会のお知らせを頂いた。 「月の山」のオーナーは…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る