レッドゾーン ‐ 真山 仁

久しぶりに、一人の時間を過ごした。
一日中、パソコンの前で溜まった仕事を片付けている。
あれやこれやと、頭の中はいっぱいになっていたが、半分くらいは片付いただろうか。
忙しくても、寝ぼけていても片時も放せなかった文庫本を昨夜読了した。
池井戸 潤の本を3冊と、

真山 仁著「レッドゾーン」
レッドゾーンは日本を代表する自動車会社に中国が国家ファンドを立ち上げて買収劇を仕掛けたところから始まる。
息詰まる買収劇が繰り広げられるが、半分くらいしか意味は分からない。
それでも読ませてしまうのは話の展開、スピードにある。
これはまさに日中米の経済戦争だけれど、近未来にはありそうな話であったり、過去に聴いたことのある話であったり。
経済知識がなくても読めて、社会の仕組みが少し分かる本としてお勧めしたい1冊である。
本の最後に作者からの謝辞が掲載されている。
本を書くに当たってお世話になった方として、私の知っている二人の女性の名前を見つけた。
彼女達はがんばってる。
私の励みにもなる。

かんじる比良2011の本イベントは11月5、6日(土、日)ホームページをご覧ください。

かんじる比良とは、琵琶湖と比良山系にはさまれ、人々のくらしと自然が融合した地、比良。
その地の歴史や文化、伝統を担って代々暮らし続けてきた者、ギャラリー、工房を構え創作活動をする者。
様々な人々が手を取り合って元気な比良を発信することを目的にしています。
かんじる比良のホームページ、ブログ、毎年参加店欄は更新されています。


かんじる比良主催:「バチ ホリック和太鼓ライブ」

開催日時:2011年11月4日 18 時30分開場 19時開演 入場料:500円
会場:木戸市民センター3F大会議室

かんじる比良主催作家展

開催日時:11月4日~6日 10時~17時 大津市北比良1039-133
場所:比良麓の会自治会館 森の家

skogかんじる比良企画展:「Weaving こだま16名の仲間達の作品展」

開催期間:11月3日~6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • KYOKO
    • 2011年 10月 26日

    おばちゃん、こんにちは。京子です。ご紹介ありがとうございます!まだ、ここだけの話ですが、今度、京大学園祭で講演会します。よかったらぜひ、行ってやってください!告知オープンになったら、母経由でチラシを渡しますので~。来月26日(土)14時~の予定です。

    • skog
    • 2011年 10月 26日

    京子ちゃん、お父さんおめでとうございます。
    自分事のように舞い上がっています。
    真山さんの講演会是非伺いたいです。
    ここだけの話、26日空けておきますよ。

    • kyoko
    • 2011年 11月 04日

    昨日無事、親授式が終わりました。母がお姉様からお借りした着物、とても似合ってましたし評判よかったです!ありがとうございました。
    ところで、11月26日京大学園祭での真山仁講演会、告知がオープンになりました。お忙しいことと思いますが、ぜひぜひ、宜しくお願い致します! わたしはあいにく東京で法事で…。行けないのですが。
    http://f.hatena.ne.jp/kyotoacademeia/20111102223428

    • skog
    • 2011年 11月 04日

    親授式テレビで拝見しました。
    おめでとうございました。
    さぞ、お疲れだと思います。
    真山さん楽しみにしています。
    いま、ベイジンを読んでいます。
    本を持ち込んでサインを貰っちゃおうかな。

    • KYOKO
    • 2011年 11月 15日

    講演会、最後はサイン会状態になると思いますので、ぜひぜひ! 宜しくお願い致します。すでに百万遍は立て看だらけのようですね。

    • skog
    • 2011年 11月 15日

    kyokoさん
    とても楽しみにしています。
    ベイジンも下巻中程まで進みました。
    読了が惜しく次を探しています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

書評・レビューの情報収集

ブログランキングで書評・レビュー関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る