しまいの月の贈り物ー6

今日も懐かしい方々がお顔を見せて下さいました。
今日は飛騨高山の白ねぎや大きなシイタケを頂き、夕方、お客様が一段落した頃に家人がストーブでねぎやシイタケ、芋を焼いてくれました。
スタッフやおそがけに見えたお客様とふーふー言いながら頂きました。
毎回企画展の中身は中々決まらず今度で最後にしようと思いながらいつも開いていますが「この次は?」の声が後押しになっています。
12月の企画の後は来年の話だし、冬は雪が降るしと頭の中が空っぽだったのですが、今日閃きが降りてきました。
来年のことですから今は秘密にしておきましょう。
まだ家人にも相談していないくらい急な閃きなのです。
閃きが降りてくれただけでほっとしています。
残り1日、明日天気になあーれ。

200712

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • tamachan
    • 2007年 12月 10日

    今日は1日いいお天気でしたね。。
    思い切って車を走らせ、ギャラリーにお邪魔して本当によかったです。。
    メイプルのカッティングボード、ほんとに一生物となりそうな予感です。。
    いい出会いに感謝、感謝です。。♪
    大切にしますね~☆彡

    • skog
    • 2007年 12月 10日

    tamachan コメントをありがとうございました。
    そして今日はありがとうございました。
    今日お求め頂いたカッティングボードは矢部奈津子さんhttp://potitek.com/の作品です。
    カットの丸さ、大きさ、重さすべて揃っているのを彼女の住むあじき路地のショップで見つけてきました。
    ぜひぜひ、どなたかの目に止まって欲しい一つでした。
    tamachanのところで数十年元気に活躍する事でしょうね。
    tamachanが30年後にカッティングボードを見せてくださると約束しましたので、私も元気にしていないとね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.24

切絵象嵌陶展 ‐ 宮崎まさのり|2018.6.14~18|ギャラリー象鯨|京都

宮崎まさのりさんはskogでお世話になったニット作家高橋とみえさんのお兄様です。 作品を…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

手芸・ハンドクラフトの情報収集

ブログランキングで手芸・ハンドクラフト 関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る