プレ誕生日

去年までは、この時期はskogで「しまいの月の贈り物」の最終日とか、翌日とかという時期だった。

毎年、12月の作家さん達にお祝いをして頂いた。

 

あーープレ誕生日の事でしたね。

以前にも書いたことがあると思うけれど、私の戸籍は1月1日生まれになっている。

本当は、12月 16日だと言う事を長姉に聞いていた。

毎年、お祝いの電話をくれる長姉に「何時頃に生まれたのか」を聞いてみた。

私が、生まれたのは姉が廊下の拭き掃除をしていた時だった。

と、いつも聞いていたけれど何時頃というのを聞き忘れてた。

長姉は我が家の生き字引で、彼女がいなくなると我が家のファミリーヒストリーは危うくなる。

 

この頃、姉は会うと昔の思い出話を何度も繰り返す。

先日「あんたが生まれた時は、男の子を待っていたお父さんはがっかりして、名前も付けなかったよ。可哀そうだからと母方の叔母さんが名前を付けてくれた」と聞いた。

前にも聞いていたようには思ったけれど、やはり小さくショックだった。

今は、いい家族がいるし姉たちには頼りにされているので、マッいいか。

 

ずーつと昔、母に「私の本当の誕生日は?」と聞いたことがあるけれど答えは「忘れた」だった。

だから生まれた時間を聞いたのは今日が初め。

姉は耳が遠く、電話では話しにくいけれど、「廊下を拭いていたのは何時だったの?」と聞くと7時半頃と分かった。

戸籍が1月になったのは父の親心で、昔は数え年と言って生まれた年を1歳として、お正月でもう1歳を加える。

つまり生まれてすぐ2歳になるのは、女の子としては不憫だと判断したと聞いている。

この小さなエピソードも、17歳で死別した父との思い出で一寸嬉しかった。

 

生まれた時間が分かるのがこんなに嬉しいとは。

今日は、家人からポインセチアの鉢を、娘から好きなケーキを買っていいと言われて,可愛らしいのを2個買ってもらった。

スノーマンは可愛すぎて、後ろから一寸かじった。

台はチョコレートだった。

 

DSC_4112.JPG

 

IMG_3229.JPG

 

朝の内に出かけると、近くの山が半分白くなっていた。

私の誕生日に雪が降ったのは記憶にある限り、初めて。

一生忘れない誕生日になった。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.1.10

西村 明子作品展|2018.1.20~28|ART SPACE IGE ‐ 三重

西村先生とのお出会いは思いがけない事からはじまった。 galleryの仕事は作家さんと出…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る