令和時代はキャッシュレス

昨年末から巷でよく耳にしていた、PayPay。
このマークを行く先々で見かけるようになった。
さて、何だろうと検索してみると、キャッシュレス時代の到来を思わせる節がある。
ならばお試しにとアプリを入れた。

連休初めに冬物をクリーニングに出したら早速PayPayマークに出くわした。
クリーニング屋さんのプリペイドを10000円分買うと、11300円分が使えるという。
10000円をPayPayで支払うとクリーニングは1300円お得になるし、PayPayには残高付与の処理中という文字が現れた。
あれ、また1000円残高が増えるらしいよ。

ドラッグストアー、コンビニどこもPayPayだ。
残高が無かったら、レジを待ってる間に銀行口座からチャージできる。
Edyのようにチャージ機を探す手間もない。
スーパーが導入してくれると助かることこの上ないが。

いやー大変な時代です。令和を乗り切るのは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2019.9.27

西村 明子 作品展 | 2019.10.27~31 | 芦屋ギャラリーT|兵庫

西村明子先生は、沢山のお弟子さんをお持ちになってニットとフェルトの世界では大御所の先生だ。…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る