あるのは時間、ないのは…|餅は餅屋とはいかず、木材を買いに行く

毎日、庭のリニューアルに精を出している。
何しろ助っ人は頼りにならない私ひとりだから、一日中作業をしても遅々として進まない。
それでも幾分、ペンキ塗りが上手になったかもしれないが。
あるのは時間、ないのはお金。
と、唱えながら暮らして7年。
ついに財布も底をつき、今回ほど私が現場の仕事にかかわったリのは初めてである。
段々深みにはまって行く。

オープンガーデンのお庭は、ほとんどオーナーさんの手造りだった。
「餅は餅屋」と言う言葉があって、プロに依頼するものと思っていただけに新鮮なショックだった。
幸い、家人は器用な人で木材も、鉄も上手に扱う。
家人が8割頑張ってくれれば我が家でも実現できる話だ。
今日は、琵琶湖の反対にある大きなホームセンターに、木材を買いに出かけた。
往復1時間以上はかかる。
家人は図面を片手に悪戦苦闘しながら、なるべく見栄えがして安価な材木を探している。

木材を車のサイズにカットして帰れば、既に夕方。
家人はコンクリートに穴をあける道具を物色していたが、この機会にと買ってしまった。
家にはかなり本格的な大工道具がそろい始めている。
それでもプロに頼むよりうんと安いので、そこは目をつぶっている。

私ときなこは、ぐったりと疲れて帰り着くなり、コンコンと眠ってしまった。
008.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

旅行関連の情報収集

ブログランキングで旅行関連のブログをご覧いただけます!

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る