AUBERGE A MA FACON ‐ フレンチ,シェ・タニ ‐ ケーキ|大分,九重町|旅に出たなら何食べる

小中学校の通学に通った川岸、両側の屋並みは変わったけれど川の流れは変わらない。
昨日この写真をアップしたかったけれど、上手くいかなかった。
他人様にはどうでもいい写真が私には結構想い出の場所なもので・・。
お付き合い下ってありがとうございました。

今夜は島根県、温泉津温泉(ヨノツオンセン)の宿。
鄙びた小さい温泉街の宿でネットが使えるかと心配だったら、全館無線LANとか。
実際は有線で使っているけれど、博多より仕事が早い。

九重町にある「AUBERGE A MA FACON ※音楽が流れます。OFFになりません」さんに行った。
大雨の後だけに道中心配しながらだったけれど、此処までは道路に異常はなかった。

P1160597.JPG
冷製パスタのアミューズ。
美味しかった。
細いパスタがキリッと冷やされていた。
そしてシコシコと歯ごたえも堪らない。和えているトマトが味、香り共々に濃い。
家人は火を通せばなんとかで、生のトマトは少々苦手。
ちらっと見るとお皿の端に美味しいトマトが寄せられていた。
頂こうかな―と思いつつ、周りの紳士淑女に遠慮して手を出さなかった。
う~~残念。

P1160602.JPG
エビのすり身を太刀魚の燻製で巻いていると言う説明だったかな?
太刀魚の燻製も初めての味。
もうこの辺でメロメロ。
随分長く憧れて、漸く九重町まで来れた幸せ感にドドーンと浸った。
このお皿の時にマダムがやって来た。
「トマトはお嫌いですか?」
「エ、まあー」と家人はもじもじ。
「少し残したと思いますが、それで分かるんですか?」
「いえ、綺麗に全て残っていましたから」
何ともったいない事を、やはり頂けばよかったと後悔しきりだ。
「美味しいトマトでしたねえ。」
「ええ、これは特別なトマトで佐世保のトマト研究所のモノなんですよ」
何と嬉しい情報が聞きだせた。
「お持ち帰り出来ませんか」収穫の最盛期が終わり残り少なくなったトマトの中から、
堅いものだけを選んでパックに詰めて頂いた。何が幸いするやらわからないと言うものだ。

P1160606.JPG
P1160608.JPG
ショコラケーキは、ほの温かくミントの下の佐世保のトマトのコンポート。
家人の分はオレンジに替えていた。
フロアーのサーブも感じが良く、時折ザーッと降る雨で阿蘇山が見えなかった分を補って、
余りあるオーベルジュだった。

P1160610.JPG
この廊下で各部屋に繋がっている。
空いている部屋を見せて頂いた。
ベットではなく一段高い床に布団が敷かれていた。
冬場は-15℃になるので床暖房の上に布団を敷くと言う形にしてあるのだとか。
次は泊まってみたくなった。

店 名 AUBERGE A MA FACON(オーベルジュ ア・マ・ファソン)
住 所 〒879-4912 大分県玖珠郡九重町大字湯坪字瀬の本628-10
TEL・予約 0967-44-0048
営業時間 昼 11:30~15:00(L.O.14:00)
夜 18:00~22:00(L.O.20:00)※前日までの予約制
定休日 木曜日のランチはお休み
その他 禁煙・喫煙:分煙
客室禁煙、ロビーに喫煙スペースあり
駐車場:有
大分県玖珠郡九重町大字湯坪字瀬の本628-10
Googleのロゴ(スマホは地図上)をクリックすると大きな地図で表示します。
※お店及び、ギャラリー・美術館などの情報は記事作成時点のものです。最新の情報は公式ホームページにてご確認ください

 

P1160617.JPG
この近くには有名な「シェ・タニ」というケーキ屋さんもある。

そこで、こんなものを見つけた。
P1160616.JPG
庭先の小さな小屋。
何が入っているんだろう。興味津津

店 名 シェ・タニ 瀬の本高原店
住 所 〒879-4912 大分県玖珠郡九重町湯坪瀬の本628-8
TEL・予約 0967-48-8077
営業時間 9:00 – 18:00(※ケーキバイキングは16:00まで)
12月~3月中旬(冬場)は、9:00 – 17:00(ラストオーダー16:00)
※閉店時間につきましては、気候や天候により上記時間より早く閉店する場合がございます
定休日 毎週水曜日
その他 駐車場:30台
大分県玖珠郡九重町湯坪瀬の本628-8
Googleのロゴ(スマホは地図上)をクリックすると大きな地図で表示します。
※お店及び、ギャラリー・美術館などの情報は記事作成時点のものです。最新の情報は公式ホームページにてご確認ください

 

そして、
P1160624.JPG
この写真は北海道ではなく、九重のドライブの途中の風景。

P1160620.JPG
ツゲのアート作品 いつ見ても少しも減らず増えるばかりの作品群

P1160638.JPG
帰り道は温泉街道。
ヒノキのお風呂はコインを入れるとお湯が出てくる仕組みになっている。
なんとも贅沢なドライブである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.9.25

森っぽ展|2018.10.11~20|Kobe・Gallery住吉倶楽部|兵庫

「森っぽ」1年ぶり2回目の展覧会です。 昨年10月に初回を琵琶湖畔のGallery Ta…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

グルメ・料理の情報収集

ブログランキングでグルメ・料理関連のブログをご覧いただけます。
ページ上部へ戻る