しまいの月の贈り物-2日目

自宅からskogまでは20kmある。
今朝、白く雪をかぶった山を見ながら車を走らせていると、この20kmがとても貴重に思えた。
この距離は気持ちの切り替えに必要な距離だ。
Open時間までに気持ちを切り替え、帰りはクールダウンさせる。

お昼前に「せっちーのきままなブログ」のせっちーさんがタロット占いをする奥様の空あいらさんと来てくれた。
丁度いいところに来たもんだと、ランチのあと2人の方がタロット占いをした。
お二人共が、「今日はいい日だった、元気になりました」と言ってくれた。
タロットはチョット背中を押してくれるだけ、あとは本人が決める事とあいらさんは言う。

娘がきなこのタロット占いをしていた。
それによると、きなこは店番犬にはなれないのだそうだ。
人が大勢集まるところは苦手で、遠くから見ているのが好きだそうだけれど、それってきなこじゃなくて「あなた」でしょう。

DSC_8052.JPG
津々木 洋江作 ダッフルコート

DSC_8043.JPG

DSC_8044.JPG
酒井嘉信作 陶器の家

20131130_518226

しまいの月の贈り物

2013.12/13(Fri)-12/17(Tue)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.23

夏の装い展 – 宮田 幹|2018.6.8~12|ながらの座・座|滋賀

宮田 幹さんは、skogの初期に大変お世話になった作家さんです。 私がskogを閉廊する…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

手芸・ハンドクラフトの情報収集

ブログランキングで手芸・ハンドクラフト 関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る