反対の季節への想い

浅田次郎の本に「町中を油紙で巻いたような暑さ」と暑さを表現した文章があって、記憶に残っている。
今年の夏は、それを思い出させる暑さだった。
真冬の季節は夏が恋しく、真夏の季節は冬が恋しい。


今日の夕方、外に出ると、気温が一気に下がっていた。
あれほど恋しかった季節が近づいている。

でも徐々にであって欲しい。
未だ、条件を付けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2017.12.10

あったかもの展|2017.12.15~20|月の山|滋賀

和迩の「月の山」さんで15日から始まる「あったかもの展」に「森っぽ」の津々木 洋江さんが「…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る