自作で力作の庭 ‐ F邸|個人ガーデナーの魅力|北海道 2013 ‐ 旭川編4

旭川最後のお庭は、Hさんが案内してくれた。
北海道2日目、森のガーデンに行ってがっかりしたとブログに書いたら
「それはお気の毒、今度凄いお庭に案内するから機嫌を直してねー」とすぐに電話をくれた。
彼女は北海道ガーデン大使だわ。
機嫌悪く北海道を去らないように気を使って下さった。
大勢のファンがいるのは、素晴らしいお庭にプラスしてそのお人柄にもある。

昨年から足繁くH邸に通っていた、Fさんのお庭。
「たった2年で作った庭よ」とHさんは強調した。
2年といってもまる2年じゃないのよー。今年の春に来た時は「木を入れなきゃ」と言ったの。
そして次に行った時も「中低木を入れなきゃ」って言ったのよ。
私も忙しいからそうそう行ってられなかったんだけど、最近来たら、木は入るは下草入るは、
あっという間に出来てたのよ。
私の10年分を2年で作ったってわけ、業者にさせたんじゃなくて自分たちで作ったんだからすごいよ。
と何度も何度も感心していた。

DSC_5271.JPG
園路も

DSC_5272.JPG
花壇も全て手作り。決して狭い庭ではない。

DSC_5270.JPG
テラスは我が家の庭ほどあるのだから、相当な時間を庭で費やしたはず。
未だ工事を続行中でこの奥には資材が積まれていた。
来年にはイエローブックのオープンガーデンに参加されるのでは・・・
楽しみなお庭が増えた。

すっかり長居をしてしまって富良野に向かう道を走ると、素晴らしい夕焼けが追いかけて来た。
旭川、縁もゆかりもなかった北の町で豊かな時間を過ごせた。

DSC_5278.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

旅行関連の情報収集

ブログランキングで旅行関連のブログをご覧いただけます!

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る