パリのお土産

津々木さんと宮田さんはパリ旅行をテーマに今年の企画展を展開している。
そこへ、パリから帰ったばかりの高橋とみえさんがパリの匂いをそのままにクリスマスグッズを提供してくれました。
ツリーのオーナメントやペーパーナプキン、文具がお二人の洋服の間に並びました。
先週はパリの街で売られていたもばかり。
まだ、ユーロー表示が付いています。
その価格のまま(円表示)でのご提供です。

京都高島屋のクリスマスの様子
P1110985.JPG
急に牡蠣が食べたくなったので、今夜は牡蠣フライのメニューに決めた。
揚げたてのアツアツを姉母に食べてもらったら、きっと喜ぶだろう。
明日からの企画展の準備で帰宅が遅くなりいつもより2時間遅れの食事の準備になった。
ころもを付けるところまでしておけば姉母の顔を見てからでも間に合う。
そこに、ご近所さんから大きなビニールいっぱいの牡蠣や帆立が届いた。
北海道からの到来物だとか。
まだ、生きている。
これを食べないわけにはいかず、牡蠣を焼きながら、カキフライを揚げた。
今年はもういらないと思うほどお腹が牡蠣で一杯になった。
数年に一度の幸せな食卓だった。

201112

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.9.25

森っぽ展|2018.10.11~20|Kobe・Gallery住吉倶楽部|兵庫

「森っぽ」1年ぶり2回目の展覧会です。 昨年10月に初回を琵琶湖畔のGallery Ta…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

手芸・ハンドクラフトの情報収集

ブログランキングで手芸・ハンドクラフト 関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る