くじら岡・四季の味 ‐ 割烹|北海道,帯広|旅に出たなら何食べる

帯広の夜って、どんなだろう。
そういえば2年前は雨で、ホテルと商店街を往復しただけだった。
「旅に出たなら何食べよう」は旅の重要な要素になっているので、出来るだけ選んで出かけたいのだけれど意外と情報が少ない。
食べログはどうやら若い人が書き込むようで私世代では一寸気が進まない。
そこで、昨年「E*garden」さんが帯広に出かけたブログを思い出した。

帯広の夕食場面で、面白い名前だったので印象に残っている所が、書いてあった。
そうだ「くじら岡・四季の味(引用:食べログ)」に行ってみよう。
ところが「鯨岡」で検索したのでPCでは全くヒットしなかった。
そこで申し訳なかったけれど、お忙しいe-gardenさんにmailをお出しして、
電話番号をお聞きした。
美味しいものを食べようと思えばこのくらいのマメさというか情熱がないと行き当たりでヒットする事はまぐれでしかない…と、思う。

「くじら岡」さんは住宅街の中にあって、普通の家の玄関を開けて入るような感じだった。
先客ひと組が宴会中だった。
6名なので小上がりを用意してくれた。
ここのお料理はまずは、コースを頂いて追加でオーダーするのがベストと聞き及んでいたので、迷わず「1800円の定食」をオーダーした。

P1150421.JPG
旅に出ると、つい食べ過ぎて胃もたれがする。
旅先で家庭料理が食べられれば、普通の生活のように旅が出来るので、こう言うお店の存在はを知っているのはとても有難い。
そして1,800円の定食を侮ってはいけない。
写真で思い出しているが兎に角品数が多い。
お造りだ、天ぷらだと言うのは定食の外でオーダーするのだろうが、お昼を過ぎて満タンにした胃袋はこれ以上のものを受け付ける余裕がなかった。
メンバーのご主人はこれで十分だと、美味しそうにお酒を召し上がっていた。
〆に、おにぎりをオーダーするとビックリするような大きなおにぎりだった。
熱々のご飯がふんわり握られているので、食欲をそそる。
梅干しをホジホジしながら「無理、無理。食べられない」と言いつつ、いつしか完食。
初日、お昼も夜も大満足の食事を頂いた。
明日からにも期待が高まった。

P1150418.JPG
帯広の夕日。
北海道は、まん丸のままで、太陽が沈むのを久しぶりに見た。
美しい夕暮れだった。

店 名 くじら岡・四季の味
住 所 〒080-0010 北海道帯広市大通南15-7-2
TEL・予約 0155-25-9951
営業時間 17:30~23:00
定休日 日曜日
その他 個室:無
駐車場:有 3台
北海道帯広市大通南15-7-2
Googleのロゴ(スマホは地図上)をクリックすると大きな地図で表示します。
※お店及び、ギャラリー・美術館などの情報は記事作成時点のものです。最新の情報は公式ホームページにてご確認ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.9.19

skogBlogの記事が「きらッコノート」さんで紹介されました♪

skogのあるページの記事が、 介護をもっと好きになる情報サイト「きらッコノート」さんに…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

グルメ・料理の情報収集

ブログランキングでグルメ・料理関連のブログをご覧いただけます。
ページ上部へ戻る