介護施設の風景

今朝NHKのニュースで「介護施設の問題点」みたいなタイトルがあったので何だろうとみていると入所者の暴力によってスタッフさんの腕にあざが出来ていた。又男性入所者のセクハラ等々解決の難しい問題が多々あるのは事実だ。
大きな声で暴言を吐くのは大抵女性に多い。
物を取られるというのが一番心配な事らしい。

つい昨日こんな体験をした。
私は姉母の所に行ったついでに、掃除のボランティアをしている。
柄の長いダスキンでテーブルの下を拭こうとすると、女性の入居者は足をぴょんと上げてくれる。
昨日は長らく押入れに入れっぱなしだったルンバを助手の代わりに持って行った。
すると、いつも「ありがとう」とお礼を言って下さる方なのに「勝手に入り込んで他所の家の電気を使うな」と激しい剣幕で怒りだした。
そしてルンバの充電器を放り投げた。
こんな時は「ハイハイ」と素直に従うのが一番。
そして、今日はテーブルの下にダスキンが入ると嬉しそうに足をぴょんと上げて「お世話になりますなー」と言ってもらった。

施設の方がルンバが入居者に当たる事を心配された。
広い廊下だけで使っていたけれど、今日はもう一度件の女性の近くで使ってみた。
すると今日は「あーービックリした」と言いながらいつも以上に足が上がった。
「案外、リハビリになるのかも」
また、いつ怒られるか分からないから調子に乗らないのが一番だろう。

食事をとろうとしない方もいる
「もう、家に帰るから要らない」といつも拒否をされる。時には食器を全てひっくり返して慌てさせられる。
今日は「土曜の丑の日」で昼食は「うな丼、茶わん蒸し、炊き合わせ、すいか」が出された。
すると珍しくテーブルについて「この茶わん蒸しは味がいいなぁー。」と姉母に同意を求めた。
姉母は返事をしないで相手を見つめるばかり、苦手なようだ。
それでも数口でお箸をおいた。
「早く片付けないと、ひっくり返すぞー」と予告されたので寸前でお下げした。

テレビニュースよりは大人しい方だと思う。
けれど介護施設で働くのは本当に大変なお仕事だと思う。
感謝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.9.19

skogBlogの記事が「きらッコノート」さんで紹介されました♪

skogのあるページの記事が、 介護をもっと好きになる情報サイト「きらッコノート」さんに…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る