京都高島屋の不思議

京都四条の高島屋に行くと出くわす不思議な風景がある。

高島屋の入口の一角に全く関係なさそうな店舗が3軒高島屋の建物に食い込むように建っている。
信号が変わる間にいつもボーッと見ているけれど、この風景は私が知る限り数十年このままだ。
「地権絡みかなー」とか、「高島屋はここを吸収してスッキリしたかっただろうなー」とか「今更ここを吸収する事はしないだろうなー」とか信号が変わる短い間に取り留めも無く考えている。
京都の一等地の不思議な光景だ。
何か、ドラマがありそうな気がするが、どなたかご存じないかしら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.23

夏の装い展 – 宮田 幹|2018.6.8~12|ながらの座・座|滋賀

宮田 幹さんは、skogの初期に大変お世話になった作家さんです。 私がskogを閉廊する…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

旅行関連の情報収集

ブログランキングで旅行関連のブログをご覧いただけます!

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る