春の一日

見上げると方々から飛行機雲が同じ方向に向かっていた。
ドンドン長くなる白い線に見とれていたけれど、あまり美しいのでカメラを取りに行ったら、すっかり崩れてしまって後の祭り。

久しぶりに暖房を切って、庭や室内の大掃除に精を出した。
調子に乗って,ワックスがけするほど嬉しい日差しだった。
背中がポカポカする暖かさ。
春の日差しは体が緩む。

DSC_6363.JPG
クロッカスやヒヤシンス

DSC_6345.JPG
ガーデンシェッドの屋根を覆うハーレンベルギア
去年は3月10日に満開になっていたのに、今年は寒さの所為でかなり遅れている。

DSC_6338.JPG
貝母草がぐんぐん伸びて、蕾が膨れてきた。

DSC_6348.JPG
ネリネと同じ鉢で育つつわぶきの花

土の中から、花の色が見え始めた。
これから毎日、新しい発見がありそうだ。
2週間後の日曜日は「比良八講
それが終わると、本格的な春の訪れ。
もう一息だ。

ところで、春が来るというのに、胸の中は大きなわだかまりがゴロリと居座る。
森友学園問題、えらく大きな蓋をしたもんだ。
蓋が大きくて、立派なほど国民はうさん臭さを嗅ぐもんなのに。
裸の王様には気が付かないらしい。
南スーダンからの撤退は今年の5月だとか、緊急記者会見も唐突だったな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.9.25

森っぽ展|2018.10.11~20|Kobe・Gallery住吉倶楽部|兵庫

「森っぽ」1年ぶり2回目の展覧会です。 昨年10月に初回を琵琶湖畔のGallery Ta…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る