過去の記事一覧

  • 南十字星 9

    2005.6.24

    よくもまあ、毎日バリ島の話が続くものであると自分で感心している。 もう少しおつき合い下さい。 南の島で忘れてならないものは、帽子とサングラスですよね。 その、サングラス不要で…

    詳細を見る
  • 南十字星 8

    2005.6.23

    バリ島のリラクゼーションは様々ある。 高級店はそれなりの料金があり、それなりのサービスがあると聞く。 私はもっぱら町のマッサージとビラのゼネラルマネージャーのサワティーさんにお…

    詳細を見る
  • 南十字星 7

    2005.6.22

    バリ島ボケもそろそろ1週間になる。 バリに行く前に膨大な10日間の過ごし方を考えるとゾクゾクしたものです。 スケッチブックと本を買い込み、重いスーツケースも何のそのと運びました…

    詳細を見る
  • 南十字星 6

    2005.6.21

    バリ島の中でもウブドは芸術の村と位置付けられている。 プリ.ルキサン、ネカ、アルマと大きな美術館が各々20000ルピアで見学出来る。 いずれも、古くからのバリの絵を年代別に並べ…

    詳細を見る
  • 南十字星 5

    2005.6.20

    バリの女性は抜群のスタイルである。 大きな荷物からテーブルに運ぶお盆まで頭に載せて歩くのですから、身体のバランスが悪かろうはずがない。 建築現場で大きな石を頭に載せて歩く姿には…

    詳細を見る
  • 南十字星 4

    2005.6.19

    バリは観光の町 それだけに、為替のレートは目まぐるしく変わる。10日間の滞在中1ルピアは89円から87円の間を細かく変動していた。 バリ(ウブド)では町中の至る所に両替屋が存在…

    詳細を見る
  • 南十字星 3

    2005.6.18

    バリ人の生活ぶりをビラのマネージャーのボンさんにお聞きした。 バリに行くまでなにかと忙しくバリ島の知識は皆無状態のまま見切り出発。 「地球の歩き方」を持参して夜な夜な勉強をしよ…

    詳細を見る
  • 南十字星の島 2

    2005.6.17

    バリは祈りの島である。 ビラのレストランで食事をしているといつも決まってガムラン(打楽器の音楽)が聞こえてくる。 3日目の夜になってその音がBGMでないことに気付き驚いた。 …

    詳細を見る

お知らせ・ピックアップ

2018.9.25

森っぽ展|2018.10.11~20|Kobe・Gallery住吉倶楽部|兵庫

「森っぽ」1年ぶり2回目の展覧会です。 昨年10月に初回を琵琶湖畔のGallery Ta…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

ページ上部へ戻る