京都高島屋 ‐ 味百選|鈴波,キュルノンチュエ,近江牛の大吉,関根のごま油

1年に1度、カレンダーに印をつけて、必ず高島屋にいく。
「味百選」は駐車場に車が入りきれないほど並ぶ。それでも行く。
名古屋の魚の粕漬け「鈴波」さんがこの日は桶売をしてくれる。
京都には西京漬けがあるが、私には鈴波の粕漬けに勝るものはない。
普通に買うと大層高価だけれど、桶売は半額以下の感じがする。
これをしっかり買い込んで冷凍にするとひと月以上は魚屋さんに行かなくなるので、結果的には安い買い物になる。
桶売を買いたくて、名古屋の本店まで出かけたが、本店にもこれはなく、1年に1度の楽しみになった。
次は「銀座九兵衛」のお寿司
去年太巻きを買ったが、それほど感動はしていない。
「気持ち的には高かったー」のイメージだった。
が、無視も出来ない。

戸隠蕎麦との組み合わせで、バッテラ、太巻き、穴子がひときれづつついているセットにした。
蕎麦は、辛味大根がぴりっとして美味しかった。
さて、穴子とバッテラは取り立てて述べるほどはない。ごく普通。
そして、太巻き。
去年高いーと不満に思った原因を探そうと慎重に食した。
しいたけは甘辛く。玉子も甘く美味しい。
京都のだし巻きと違って、関東の玉子は砂糖が効いている。
この味は私好み。
ではなぜ合点がいかないかといえば、寿司飯がまずい。
来年はパスをするだろう。
銀座のお店に行く日があれば、きっと評価はコロリと変わるだろうけれど。

P1170765.JPG
P1170766.JPG
キュルノンチュエ」さんの燻製生ハム。
ここも去年高山に行った帰りに寄ってみたが、定休日だった。
目の前で薄く薄く切ってくれる。
噛みごたえのある生ハムからジワーつと旨みがにじみ出る。
100gだけ買ったけれど、薄いので沢山あった。
この生ハムでビール350mlを娘と二人で飲んですっかり出来上がった。

次は近江が誇る、近江牛の「大吉商店」さん。
このお店は高島に本店があるのでいつでも購入できるが、
こういうお祭りの時はやはり買いたくなる。
いちぼのローストビーフ」絶品だ。
袋を開けるときなこが立ち上がり、二足歩行でテーブルを覗き込んだ。
毎年暮にローストビーフを頂くが今回は6枚1パックだったの、おひとり様2枚と制限されて一段と美味しかった。
ごめんね。きなこ。

関根の胡麻油はちょうど切れていたので1本。

今回初めて購入して後悔しているもの
宮崎果汁株式会社のジュース。
「濃縮還元果汁では味わえない完熟しぼり」とのキャッチコピーを見て果汁100%と勘違いした。
今日届いたのでラベルを見ると果汁は50%と書いていた。
これを濃縮還元というのではないの?
なんだか騙された気分。
不味くはないけれど、気持ちが乗らない。
新年が来ると、新しいノートに味百選の時期を書き込んで1年間待つ。
それもよし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. いつもありがとうございます。
    去年は大吉がイートインでしたからね。
    Yさんご夫婦が来て下さいました。
    太巻き私もお土産で食べました。

    • skog
    • 2012年 9月 29日

    H&Mさん、コメントをありがとうございました。
    今年、大吉さんのeat inがなかったので、旦那様、専務さんにも会えなかったわ。
    イチボのローストビーフ美味しかったあ〜。
    今年の年末はこれをオーダーしますね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.9.20

小西 潮 & 吉村 桂子 展‐森羅万象‐|2018.9.21~30|画廊 凜|岐阜

久しぶりに吉村 桂子さんから展覧会のお知らせを頂いた。 DMの写真は、また新しい作品にな…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

グルメ・料理の情報収集

ブログランキングでグルメ・料理関連のブログをご覧いただけます。
ページ上部へ戻る