2018 絲・彩・祭 季を紡ぎ草木で彩る|2018.11.15~23|絲紫野工房|滋賀

絲紫野工房主宰の飯森先生から工房展のお知らせを頂いた。
3年振りの作品展なので、どこで開催されるのかと見ると飯森先生のご自宅工房が会場となっていた。
先生の工房は2006年skogのオープンと同じころに南会津から移築された曲屋の古民家である。
築190年と聞いている。
土間、柿渋塗りの板張りの居間、外の緑が美しく見える台所の窓辺には船木倭帆先生のガラスが普段使いの顔でさりげなく並べられていた。
目をつぶるとその時の光景がよみがえる、その美しい家が会場と知り、懐かしさと嬉しさが入り交った。

絲紫野工房の手仕事は、野山でで採集した草木で染めた糸を紡ぎ、織り、洋服に敷物にバッグにと美しい形に製作される。
そして、会場を彩る飯森先生の花活けは、野山にあるように活けこまれ、会場を渋く引き締めて一層魅力的な空間に創り上げている。

→ 工房展の詳細はこちらからご覧下さい(PDFファイル)

会期中の11月17日(土)18日(日)は工房展記念コンサートも開催される。
→ 詳細はこちらからご覧ください(PDFファイル)

展覧会名 2018 絲・彩・祭 季を紡ぎ草木で彩る
開催期間・時間 2018年11月15日(木)~23日(金)
10:30~16:30 ※18日はコンサートのため休みます
主催 飯森よしえ
場 所 絲紫野(ししの)工房
住 所 〒520-2265
滋賀県大津市大石富川4丁目4-15
TEL・FAX TEL:077-546-7262
メッセージ 染と織を中心に、生活に密着した手しごとを工房仲間と共に歩んできました。2年ごとに作品展を開催してきましたが、この度は3年ぶりとなりました。工房にて開催いたします。周囲の自然と草木染めの作品をゆったりとご覧いただければ幸いです。
滋賀県大津市大石富川4丁目4-15
Googleのロゴ(スマホは地図上)をクリックすると大きな地図で表示します。
※お店舗及び、ギャラリー・美術館などの情報は記事作成時点のものです。最新の情報は公式ホームページにてご確認ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.11.10

高山 直美(安高製作所)‐ 四人の、丁寧な、仕事。|2018.11.23~24|antiquenara

安高製作所の高山 直美さんが出展されます。 副題は「手間かかってしも展」 絵、陶器、服…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る