KIRIE ZOUGAN 宮崎まさのりが描くー切絵象嵌陶の世界

 

切絵象嵌陶作家の宮崎まさのりさんは、skogでお世話になったニット作家の高橋とみえさんのお兄様です。
おそらく80才近いお年のはずですが、制作意欲に駆り立てられて今年もお馴染みの京都 象鯨で展覧会を開催されます。
陶板による象嵌と言う珍しい分野の作品です。
高橋さんのニットも展示されます。

今年は日光東照宮の美術展に「京都 東寺」の作品をご出展との事
昨今は外国のお客様も沢山来られるとの事で、DMにも横文字が並ぶようになりました。
陶板の作品なので、そこそこ重量はあるのですが大事に抱いて帰られるのだそうです。
ご自身の作品が海を渡り他国のリビング等に飾られるなんて。
どんな感想を仰るのか今度お会いした時にお聞きしたいものです。
是非お出かけ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.9.19

skogBlogの記事が「きらッコノート」さんで紹介されました♪

skogのあるページの記事が、 介護をもっと好きになる情報サイト「きらッコノート」さんに…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る