ホワイトガーデン

ネコほどもない家の庭はこれから白い花たちが満開を迎える。
今は、山ぼうしがその可憐な白い花びらを空につきだしている。2階から毎日ながめて、隠れた花がないかさがしている。
花付きが悪く中々咲いてくれなかったが、今年は5年ぶりに帰った家主のために頑張っているようだ。
これから、エゴ、夏椿、梅花空木、柏葉あじさいと順番待ち状態である。
庭の姿を保つのは思いのほかの努力をようす。
2、3日だけで、姿を消す花、大きな花の陰で一度も咲かない花、どれにも似合う場所を与えないと、すぐすねてしまう。
すねた花は、どうカバーするか。マメな夫はすぐに救助に乗り出す。手を支えたり、場所がえ(席がえ)をしたり。
自分の子供にしないような事をするものだと、私は冷静に夫を観察する。
ものいわぬ花が、可哀想なのか可愛いのか?
無条件に可愛がっても、育て方がわるかった。と反省しなくて良いと言う無責任なのか?
ん~!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ

2018.9.25

森っぽ展|2018.10.11~20|Kobe・Gallery住吉倶楽部|兵庫

「森っぽ」1年ぶり2回目の展覧会です。 昨年10月に初回を琵琶湖畔のGallery Ta…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る