富山市ガラス美術館|廻る富山湾すし玉|フレンチの坂井 ‐ レストラン|富山

白川郷のライトアップを見たのちは、宿泊先の富山まで1時間のドライブだ。
昨年秋に富山に寄って以来、大ファンになった私の意見で、ご近所さんを引っ張っていった。
これは幸いした。

ツアーバスのほとんどは高山が宿泊場所だったけれど、この日高山へは、トンネル内火災で通行止めとなっていたので、何時に到着できるか分からないところだった。

富山に着くと真っ先に向かったのは夕食どころ廻る富山湾すし玉富山では、カウンターの寿司屋に行く必要は全くない。すし玉は、ほとんどその場で握ってくれる。
白エビの軍艦巻きを頬張って、みんなでため息をついた。「おいしーーい」ここまでみんなを引っ張ってきた私も鼻高々。
食後は、駅近くの環水公園のライトアップを見に、世界一美しいと言われているスターバックスに移動した。

DSC_4799.JPG
綺麗な写真は当日のfacebookにアップしました。その後、どうやら綺麗な方を削除してしまったみたい。わざわざ、これを見に富山に来る価値はある。

翌日は富山市ガラス美術館に真っ先に向かった。
車をホテルに置いて、総曲輪商店街を歩いた。
30才の頃暮らした街で、総曲輪は思い出の商店街だった。
DSC_4809.JPG
オープンして2年は経ってないかもしれないけれど、この間に3度目の訪問。
何度行っても飽きることがない。

DSC_4811.JPG
これは常設展入口の天井、ここで度肝を抜かれる。

DSC_4817.JPG
第一室、トヤマ・フロート・ボート

DSC_4826.JPG
第二室、トヤマ・ミルフィオリ(千年の花)

いずれも現在ガラスアートの巨匠デイル・チフーリ氏の作品

施設情報

施設名 富山市ガラス美術館
住 所 〒930-0062 富山県富山市 西町5-1
電 話 076-461-3100
駐車場・
各交通機関
車:富山I.Cより約20分
専用駐車場はありません。周辺の駐車場をご利用ください。
電車:富山駅から市内電車環状線「グランドプラザ前」下車 徒歩約2分
   富山駅から南富山駅「西町」下車 徒歩約1分
開館時間・
休館日
常設展・企画展:
午前9時30分~午後6時(金・土曜日は午後8時まで)
(休館日)第1・3水曜日、年末年始
カフェ・ミュージアムショップ:
午前9時30分~午後7時(金・土曜日は午後8時まで)
(休館日)第1水曜日、年末年始
ギャラリー1・2:
午前9時30分~午後9時(金・土曜日は午後8時まで)
(休館日)年末年始
※ギャラリーの開場時間、閉場日は展覧会により異なります。詳細は展覧会主催者へお問い合わせください。
常設展観覧料 一般・大学生:200円、20名以上の団体:160円
常設展観覧券でコレクション展及びグラス・アート・ガーデンをご覧いただけます。
※高校生以下などの一部対象者は観覧料が無料になります。
企画展は企画展ごとに観覧料が異なります。詳しくはこちらへ
富山県富山市 西町5-1
Googleのロゴ(スマホは地図上)をクリックすると大きな地図で表示します。
※店舗及び、ギャラリー・美術館などの情報は記事作成時点のものです。最新の情報は公式ホームページにてご確認ください

次に向かったのは前回も行った樂翠亭美術館
今回は「新春を寿ぐ青柳志郎三代展」で見事な書を見せていただいた。
けれど、建物に目を奪われるのは仕方がない。

お昼時間になり、そこから近い環水公園のキュイジーヌフランセーズ ラ・シャンスに向かった。坂井 宏行ことフレンチの坂井が監修するレストランだけれど、1Fはカジュアルなランチが頂ける。

DSC_4840.JPG
page.jpg
これは1800円のランチ、すごく美味しかった。

お店情報

店 名 キュイジーヌフランセーズ ラ・シャンス
住 所 〒930-0806 富山県富山市木場町16-1
営業時間・定休日 ・ウェディング TEL・予約:0120-806-882
 (平日10:00~21:00 土日・祝祭日9:00~21:30)
・レストラン TEL・予約:076-445-1200
 (平日11:00~21:30 土日・祝祭日10:00~21:30)
 休館日:火曜日 ※祝日は通常営業
その他 電車:JR北陸本線富山駅より車で3分
車:北陸自動車道 富山ICより車で15分
富山県富山市木場町16-1
Googleのロゴ(スマホは地図上)をクリックすると大きな地図で表示します。※店舗及び、ギャラリー・美術館などの情報は記事作成時のものです。最新の情報は公式ホームページにてご確認ください。

富山の夜は回転ずし。ランチはフレンチとご馳走を頂いたけれど財布には優しい街だった。
食後は、もう1軒北前船回船問屋の森家
DSC_4843.JPG
天井が高く広すぎる家で、説明を聞きながら冷え切ってしまった。
それまでは、どこも暖房が効きすぎるくらいで暑いを連発していたので、すっかり元気がなくなった。丁寧に説明をしてくださったけれど、少し上の空だったかも。

冷えた体を片山津の温泉で温めて、1泊2日の楽しい旅行は終わった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2017.8.12

中野 亘、飯森 よしえ|染と陶 二人展~藍の風・白のうつほ~に行ってきました

今日は珍しく山の中は26℃と涼しかった。 何処にも出かけないと誓っていても、お盆となれば…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

グルメ・料理の情報収集

ブログランキングでグルメ・料理関連のブログをご覧いただけます。
ページ上部へ戻る