木と布と針 初日

本日、展覧会初日
森っぽの展覧会のお手伝いをしました。

沢山来て下さるだろうかと、初日の朝は大変不安なものです。
空模様、気温、何もかもが思いの反対に行くような夢まで見るものです。
お陰様で沢山の懐かしいお顔が11時にはお越し下さり、写真も写せないくらいに混みあいました。
なんだか、懐かしい雰囲気と、喜んでも下さるお客様も。
本当に、有難いことでした。

DSC_0018.JPG

暑さを心配したけれど、今日は涼しくてサンルームの居心地は最高。
この部屋のしつらいはTakuto夫人の手によるもので、白い部屋に心憎いブルーのクロス。
居心地は最高、お客様には、ゆっくり歓談して頂きました。

Gallery Takutoさんの準備、手際の良さには驚きと感謝でいっぱいです。
お陰様でスタッフもお客様も気持ち良く過ごせました。

DSC_0027.JPG
午後、ひと息した頃に小さい子供さんを連れたご夫婦がお見えになった。
真野浜で宿泊施設「ビューロッジ琵琶」を営む若いご家族。
イクメンのご主人が奥様のお買いもの間、ベランダで寛ぐ姿が自然体で周りの空気をふんわりさせていた。
写真もふんわり感が伝わるように写してみました。

今回の展覧会は3日間です。残り2日間、是非お出かけ下さい。


木と布と針

2017.5.12(金)-14(日)11:00-17:00
木工屋takuto(木工・鉄)  布布・ふふっこ(帽子) お針子(服・布小物)
————————————————————————————————————————-
skogが閉じられて一年が過ぎました。関わった作家たちは、skog(森)の中の一本の木でした。
そんな想いを『森っぽ』の名に託して、活動を開始します。
森っぽの小さな一歩は、湖畔のGallery Takutoの鉄と木の作品の中に、服と帽子、布小物を並べての作品展です。
皆様のお越しをお待ちしております。
————————————————————————————————————————-
Gallery Takuto
〒520-0105 大津市下阪本1丁目31-12
駐車場 :8台
​江若バス: 石川町バス停 徒歩約2分(JR大津駅/JR堅田駅 発)
最寄駅:JR湖西線唐崎駅 徒歩約20分
090-1225-6241(庵原)/090-5661-8397(津々木)
info.morippo@gmail.com
森っぽFacebook:https://www.facebook.com/morippo2017

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.24

切絵象嵌陶展 ‐ 宮崎まさのり|2018.6.14~18|ギャラリー象鯨|京都

宮崎まさのりさんはskogでお世話になったニット作家高橋とみえさんのお兄様です。 作品を…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

旅行関連の情報収集

ブログランキングで旅行関連のブログをご覧いただけます!

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る