今年最後の園芸店巡り

ご近所さんと、恒例の年末園芸店巡りに出かけた。

片道130kmのJA紀の里「めっけもん広場」を最初にしたので、am8:00に出発。

 

紀の里には既にお正月の生花が並べられている。

雲竜柳に、千両、香り高いストックやカサブランカ等が300-500円で並んでいる。後先考えずに両手いっぱいに買ってしまった。

ここは、八朔、ネーブル、いよかんの箱も山積みだった。

今日は、「花より団子」果物の箱を積み込むと、車のトランクは既に満杯。

 

次に向かったのは日根野の金久さん。

IMG_3256.JPG

 

さぞかし、混んでいるだろうと覚悟していったら,私が行き始めて初めて経験する閑散ぶり。

クリスマスの準備も大方終わり、お正月の買い物はこれからといった穴場の時期だったのかも。

IMG_3257.JPG

 

個人のブリーダーさんによるビオラは、未だよりどりみどり。

金久に着くまでどうしようかと考えていたのは、これ以上ビオラを植えるとすれば鉢植えになる。

そこまで植えなくても、もうたっぷり入っているではないか。

という事が頭の中でささやきかける。

一鉢に3株入れて3段にすると予算は、5000円になる。

だから今回はパスするというと家人が「5000円で5月まで楽しめれば安いものだ」とけしかける。

午後から風が出て寒くなった。

帰ってからの植え付けを考えると、やっぱりヤメた。

 

次は岸和田のリルシュルラリングさん

 

IMG_3275.JPG

 

ここでは花の苗よりも2Fのアンティークがお楽しみ。

素敵な鏡や鉢を頂いた。(ご近所さんが)

そして、不思議な鉢植えを発見「ブラックキャット

 

IMG_3279.JPG

 

この花を見つけたSさんが「悪魔の花がある」と言って教えてくれた。

生花らしいけれど誰もこの花を見たことがない。

うちに帰って調べたら、やはり別名「デビルフラワー」と言われているらしい。

 

IMG_3278.JPG

 

最後は堺のロベリアさん

 

IMG_3305.JPG

 

ここに着いたときは日暮れまで1時間しかない黄昏時

 

IMG_3303.JPG

 

IMG_3299.JPG

 

葉ボタンのリースが、ひと際輝いている。

丁度、店長の上田広樹さんが、せっせと葉ボタンを植えこんでいたので、声をかけた。

「葉ボタンってそんなにぎゅうぎゅうでいいのですか?」

答えは、ほんと、びっくり知らなかったわー。

「葉ボタンの成長は10月で止まりますから、ぎゅうぎゅうに入れなければなりません」ですって。

見よう見まねでぎゅうぎゅうに入れていたけれど、成長が止まっているとは思ってなかった。

 

ご近所さんは、みんな戦利品の事を考えながら、うきうきと車に乗り込んだ。

帰り道に向かう頃は、日はどっぷりと暮れて冬の冷たい風が吹いてきた。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.22

6月は雨模様展|2018.6.15~18|SUNNY FOREST|京都

森っぽの庵原久美子さん、津々木洋江さん、田中文子さんが宇治市のSUNNY FORESTで3…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

旅行関連の情報収集

ブログランキングで旅行関連のブログをご覧いただけます!

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る