吉村 桂子 個展「夏陰 ‐ GLASS EXHIBITION」に行って来ました|京都

京都は、本当に暑い日が続いている。
ガラスの器が一番活躍する季節ではあるけれど「制作現場は地獄のようだ」と吉村さんは
おっしゃっていた。


展覧会が始まると、吉村さんもガラス作品も熱い現場を忘れたような涼しい表情で、
お客様をお迎えしていた。


今回はフラワーベース(花瓶)が多かった。
吉村さんの作品を見るようになって4年目の夏になる。
作風は、いくつかの定番作品を除くと毎年新しい作風で発表している。
だから、私はいちファンとして目が離せない。


今年は、昨年秋に頂いた皿に合わせてこの2枚と大皿を1枚頂いた。
次々にお客様がおいでになって、自分のことのように嬉しく帰って来た。

8月8日まで開催しています。 是非、お出かけ下さい。
展覧会の詳細記事はこちらからどうぞ

昨年の秋の展覧会に訪問した際の記事、
小西 潮&吉村 桂子展 「レースグラスとツギハギグラス」はこちらからどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2017.10.18

津々木 洋江さんとの出会い|紡ぐ・織る・編む・縫う仕事展

津々木 洋江さんとは、2009年4月の「春色衣点・晴れやかに装う」からのお付き合いになる。…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

旅行関連の情報収集

ブログランキングで旅行関連のブログをご覧いただけます!

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る