京都の桃源郷ー原谷苑

原谷苑の桜は写真には写せない。
あまりの美しさに唯々呆然

DSC_8604.JPG
原谷苑は村岩農園さんが昭和32年から不毛の土地を開拓して桜、梅、もみじを植え、長い年月をかけて作られた庭である。
庭に、一歩足を踏み入れると空を覆う桜が海のように押し寄せた。
バラの庭でもそう思うけれど、バラだけを植えているのはつまらない。
桜も同じ。
原谷苑では桜の足元をみずきやつつじ、馬酔木、木瓜、雪柳、連翹が覆いつくして、それぞれの美しさを引き立たせていた。

DSC_8638.JPG
強行軍だったけれど、奈良の又兵衛桜から長谷寺、原谷苑までを一日で回った。
そうしなければ時期を逃がしそうで、桜に関しては気が気でないというのが正直な気持ちだった。

DSC_8665.JPG
DSC_8620.JPG
木瓜

DSC_8630.JPG
利久梅

DSC_8579.JPG
桜に酔った一日だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2017.9.23

紡ぐ・織る・編む・縫う仕事展 ‐ skog展覧会|ようやくDM完成

展覧会のDMが出来ました。 明日から発送の準備に入ります。 一足早く、ブログで公開して…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

旅行関連の情報収集

ブログランキングで旅行関連のブログをご覧いただけます!

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る