宝塚ガーデンフィールズ|三田オープンガーデン ‐ T邸|愛情が肥料になる|兵庫

宝塚のガーデンフィールズが今年限りで閉園することになった。
方々の庭に出かけているのに、灯台下暗しで近くの庭にはいつでも行けると思うせいか、
未だに行っていなかった。
ポール・スミザー」さんの設計による英国風ナチュラルガーデンと言われている庭は、
広い蓮の池の周りを回遊する形で作られた庭だった。

DSC_3561.JPG
ニセアカシアの回廊は明るく涼やかで、今の季節は美しい。
一番好きな場所だった。

DSC_3568.JPG
DSC_3567.JPG
宝塚の風土に合わせた庭という事だったけれど、
今の季節に、薔薇がパラパラと咲いているのはいかにも寂しい。

DSC_3584.JPG
既にレストランも閉店し、活気があるとは言えない寂しい庭になっていた。
1時間もすると見るところもなくなり、三田のオープンガーデンへと車を走らせた。

DSC_3664.JPG
明日からのオープンガーデンの準備に忙しいT邸を外から見学をしていると、
折角だからと入れて下さった。
早速目に飛び込んだのはガッチャンポンプ。

DSC_3654.JPG
DSC_3655.JPG
どこかで見た風景と思っていたらチラシの写真のお庭だった。
こちらもご主人のDIYが庭の風景作りに一役買っている模様。

DSC_3674.JPG
DSC_3673.JPG
どちらを向いても絵になる風景。
アグロステンマとオルレア、ジキタリスが美しい風景を作っている。

T邸以外にも数件のお庭を拝見できたが、やはり素敵なお庭には魂が宿っていた。
家族の愛情が一番の肥料かもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.24

切絵象嵌陶展 ‐ 宮崎まさのり|2018.6.14~18|ギャラリー象鯨|京都

宮崎まさのりさんはskogでお世話になったニット作家高橋とみえさんのお兄様です。 作品を…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

旅行関連の情報収集

ブログランキングで旅行関連のブログをご覧いただけます!

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る