マッサンの蒸留所|北海道

NHKの朝ドラ「マッサン」は2014年9月からの放送だった。
3年前の余市は北海道一の観光地であったらしい。
私には初めての場所なので楽しみにしていた。


小樽から余市町に行くのには余市湾に沿って海岸線をバスで走った。
海岸線は風が咆哮し、雪がこびりつきバスから見ても寒そうだった。
漸く着いた余市町に、フカフカの新雪を敷き詰めてニッカの蒸留所はあった。


真昼の太陽が雪空の向こうにぼんやりと上がっていて、月夜だと言っても良さそうな雰囲気だ。


蒸留棟は意外にこじんまりしていた。
真夏と真冬は温度調整が難しいために蒸留塔は稼働してなかったけれど、創業当時から石炭による「石炭直火蒸留」が行われているという事で室内には石炭が置かれていた。
稼働中なら石炭をくべる職人技が見られたはずなのに真冬の訪問は残念だった。


けれど、スコットランドに似た風景が雪に埋もれているのは風情があって、初雪の時に来れたのも幸いだった。


敷地内にあったマッサンの自宅。
小さい家だったけれど、和洋折衷されて当時ではモダンだっただろう。

洞爺湖への帰り道、羊蹄山は見え隠れして綺麗な姿は見られなかった。
途中の京極ふきだし公園に湧く名水を見るのもコースの内だったけれど、つり橋は滑ると言うので私は中止した。
滑るのは恐い。

施設名 余市蒸溜所(NIKKA WHISKY – ニッカウヰスキー)
住 所 〒046-0003
北海道余市郡余市町黒川町7丁目6
TEL・FAX TEL:0135-23-3131
FAX:0135-23-3137(予約専用)
駐車場・
各交通機関
■ 車の場合:
新千歳空港(約120km):約2時間30分
札幌市内高速(約59km):約1時間30分
小樽市内(約20km):約30分
岩内方面:約1時間~1時間30分
積丹方面:約40分~1時間
■ 電車の場合:
JR新千歳空港駅からJR余市駅まで:約1時間半強
JR札幌駅からJR余市駅まで :約1時間強
JR小樽駅からJR余市駅まで :約30分
JR余市駅から歩いて約2~3分
開館時間 9:00~17:00
休館日 2017年12月25日(月)~ 2018年1月7日(日)
以降はこちらからご確認ください
入館料 無料
その他 ※蒸溜所では、見学後にウイスキーなどの無料試飲(お一人様2杯まで)が出来ます。
未成年、お車を運転される方の試飲は出来ません。
ソフトドリンクをご用意いたしております。あらかじめご了承ください。
北海道余市郡余市町黒川町7丁目6
Googleのロゴ(スマホは地図上)をクリックすると大きな地図で表示します。
※店舗及び、ギャラリー・美術館などの情報は記事作成時点のものです。最新の情報は公式ホームページにてご確認ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.23

夏の装い展 – 宮田 幹|2018.6.8~12|ながらの座・座|滋賀

宮田 幹さんは、skogの初期に大変お世話になった作家さんです。 私がskogを閉廊する…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

旅行関連の情報収集

ブログランキングで旅行関連のブログをご覧いただけます!

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る