連休の過ごし方|長者環林道 ‐ 果無集落

家人の退職以来連休に出かける気は全くない。
思いっきり庭遊びと思っていたのに、急な話で出掛けるようになった。

旅行社から毎日送られるメールの中に興味を引く地名があった。

行者還林道(ぎょうじゃがえりりんどう)
常緑の針葉樹の山間を、尾根筋だけ桜がまるで龍が登っていくように見える珍しい光景。

果無集落(はてなししゅうらく)
果無山脈を見渡すその美しさから「天空の郷」と呼ばれる集落。世界遺産「熊野古道小辺路」が民家の庭先を通っています。

秘境のイメージだ。
車で行くことは出来そうだけれど、道が狭く駐車場も無さそう。
こういう所はツアーが便利。

ところが、既に満席でキャンセル待ちとなっていた。
ダメもとで申し込んでいたけれど、ほぼほぼ忘れていた昨日、キャンセルが出ましたとお知らせが来た。
肝心の桜が終わってしまったのでキャンセルが出たようだ。

勿論桜があれば申し分ないだろうし、秋の紅葉の頃もいいらしい。
けれど、家人は新緑もいいじゃないかと私の気持ちを見透かしている。
秘境のイメージを抱いてしまったのだから行って見なきゃ分からないし。

直ぐ近くまで車で行ける所は秘境とは言わないだろうと、ガッカリしないように覚悟をしながら出かけよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.24

切絵象嵌陶展 ‐ 宮崎まさのり|2018.6.14~18|ギャラリー象鯨|京都

宮崎まさのりさんはskogでお世話になったニット作家高橋とみえさんのお兄様です。 作品を…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

旅行関連の情報収集

ブログランキングで旅行関連のブログをご覧いただけます!

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る