伝えることは難しい。

ユーフォルビアに宿る水滴。

一眼レフカメラを買ったのは、2012年くらいとすると既に5年が経過している。
5年間ほっぽらかしのカメラも、仕組みが分かりかけると知りたいことばかりが増えてくる。

鉄道写真家の中井誠也さんは写真は手紙と同じ、何を伝えたいか分かるように写すと良いと言われる。
なるほど、そうなんだ。

先日から、はまりかけたマクロレンズ
DSC_9049.JPG
プルモナリアの葉っぱのトゲトゲ。

果たして私は何を伝えたかったのか。
感動を言葉で伝えるのも難しいのに、写真で伝えるのはもっと難しい。
けれど、私は目では見えない水滴を発見した時、嬉しかった。
綺麗な花の葉っぱを覆うトゲトゲには驚いた。
だから、シャッターを切った。
いつか伝わる写真が写せますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.24

切絵象嵌陶展 ‐ 宮崎まさのり|2018.6.14~18|ギャラリー象鯨|京都

宮崎まさのりさんはskogでお世話になったニット作家高橋とみえさんのお兄様です。 作品を…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

生活・文化の情報収集

ブログランキングで生活・文化関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る