KIRIE ZOGAN初日|京都風景

ニッターの高橋とみえさんのお兄様宮崎まさのりさんのKIRIE ZOUGANと、とみえさんのニット、AKOさんのアクセサリー展が始まった。

京都の中京区にある、ギャラリー「象鯨」の辺りは京都らしい風景が残っていて歩くのに楽しい小路である。
早々に出かけて一日楽しむつもりだったのに、姉母の転倒事故で出掛けたのは午後遅くになった。
丁度、お客様の途切れた時間帯だったので、高橋さんと久しぶりに談笑。
二人の共通の話題はお互いのトイプ―、メリーちゃんときなこの噂。
二匹はさぞかしくしゃみをしていたことだろう。
病気自慢よりましかと笑った。

AKOさんの作品はお洒落なテーブルにディスプレー、流石と思わせるセンスの良さで惹きつけられる。
そのほとんどは、イヤリングやピアスだった。
私は帰るまでに必ず片方失くす怖さで今回は諦めたけれど、プレゼント用に買っておけば良かったかなーと心が残る作品だった。
久しぶりにお会いしたAKoさんも可愛かった。

お兄様は次々とお客様がお見えになるので、お話しできなかったけれどDMになった作品は迫力があった。
まだまだ、制作意欲は旺盛らしい。

最近の姉母は、ベッドのフレームに手をぶっつけて腕の怪我が絶えない。
丁度いいアームカバーがあったのでそれをプレゼントしようと思ったら、お揃いのカーディガンもあって、この季節にピッタリ。
暫く病院通いが続きそうなので、ちょっとお洒落して気分をあげないとね。

ギャラリー近くの中京郵便局。
いい雰囲気でお気に入りの建物だ。
入ろうとしたら、珍しく手前に開くドアにびっくり。

角を回ると、いい雰囲気の古道具屋さんがあった。

まだまだ、気になるShopが並んでいたけれど、今日は既に5時になったので、ここまで。
何時かゆっくり歩きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お知らせ・ピックアップ記事

2018.5.23

夏の装い展 – 宮田 幹|2018.6.8~12|ながらの座・座|滋賀

宮田 幹さんは、skogの初期に大変お世話になった作家さんです。 私がskogを閉廊する…

skogBLOG内の記事検索

カテゴリー

過去の記事

旅行関連の情報収集

ブログランキングで旅行関連のブログをご覧いただけます!

ガーデニングの情報収集

ブログランキングでガーデニング関連の情報を収集できます!
ページ上部へ戻る